上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
毎度有難うございます、ポルシェ専門修理工場店主でございます。

ポルシェ専門と謳いながらも他のメーカーのお車もメンテナンスさせていただいております。
※アメ車除く

さてさて、愛車で出かけようとガレージから出て10m位のところでエンジンがストールしてしまって、それからエンジンが始動しなくなってしまったと言う事で入庫致しました、フィアット グランデプントでございます。
普段は、奥様がお仕事、お買い物の足としてご使用されているとの事、以前、何度か同じような事があったそうなのですが、その時は、再始動できたのでそのまま様子を見られていたとのことでした。

弊社へは、ご加入されておられる任意保険のロードサービスのレッカーでの入庫でした。

早速、お車を拝見いたしましたが、入庫した時の状態は、ギアが1速に入ったままで、シフトレバーをニュートラルやリバースに動かしてもメーターパネルのインジケーターも“ 1 ”のまま変化なし。
勿論、1速に入ったままですのでサイドブレーキを下ろしても動きません。
1速に入ったままでクラッチも作動しない状態でしたので、セルモーターも回りませんでした。

このグランデプントのATですが、デュアロジックというシステムで、コンバーター式のATではなく、セミオートマと呼ばれるシステムです。普通のMT車と同じ乾式のクラッチ(乾式単板ダイヤフラム)が付いて、クラッチとシフト操作を油圧と電子制御で自動的に制御してくれるというシステムであります。

早速、ダイアグノーシステスターでシステムにフォルトメモリーが残っていないか点検してみました。
IMGP0037.jpg

デュアロジックの作動オイルが少ないというメモリーが残っておりましたので、早速オイル量を点検・・・。
IMGP0035_201312260904389b8.jpg
ほとんど、カラッポ状態でした。

何処からか作動オイルが漏れているのだと思いますが、とりあえず、オイルを補充してオイル漏れの箇所とオイルを充填した状態でのミッションの作動状態を確認いたしました。

デュアロジックの作動オイルですが、専用のオイルが使われており非常に高価です。
何らかの原因で、作動オイルが抜けてしまった場合、エア抜きを行う必要が出てきます。
ダイアグノーシステスターのエア抜きモードでエアーを抜き、アクチュエーターモードで各部の動作確認を行ってみました。各部、問題なく作動しクラッチも切れるようになりましたので、エンジンもかかるようになりました。

さて問題のオイル漏れですが・・・・、
IMGP0117.jpg IMGP0039_201312260913288d4.jpg
どうも、シフトチェンジをする為のアクチュエーターの辺りから漏れているようでした。
※白いのは、オイル漏れの場所を特定する為のミクロチェックといわれる浸透試験用の現像液です。

パーツカタログを見てみるとアクチュエーターとユニットの間にOリングが入っているようですが、残念ながらOリングのみの供給はありませんし、アクチュエーターは樹脂製なので何処かクラックが入っている可能性も否めないので、ユーザー様とご相談させて頂いた結果、アクチュエーターとそれを作動させる為のポテンションメーターを交換させていただくことになりました。

IMGP0118.jpg
取り外したアクチュエーターとポテンションメーター・・・。
このアクチュエーターは、シフトチェンジをする為のアクチュエーターです。

そして、新品のアクチュエーターとポテンションメーター・・。
IMGP0119_201312260927455e7.jpg
取り外した物と比較してもらうとわかると思うのですが、アクチュエーターとポテンションメーターの間にシールが入ってます。良く漏れるから対策として後からシールを追加したのか、それとも新車の製造過程で入れ忘れただけなのか・・・、謎は深まるばかりですが・・・※パーツカタログにはシールはありました。

いずれにせよ、シール単体での供給は無いのでAssy交換となりました。

交換後は、漏れもなく、デュアロジックも正常に作動するようになりました。

デュアロジックのような所謂セミオートマですが、シフトチェンジ時のギクシャク感が馴染めないという方も多いです。私もはじめて運転したときは、何とも馴染めないな~なんて思っていたのですが、シフトチェンジ時のアクセルコントロールをしてあげるとギクシャク感は結構なくなります。トルクコンバーター式の所謂普通のATのようにアクセル踏みっぱなしではなく、シフトチェンジのタイミングでアクセルを一瞬抜いてあげるとスムーズに変速いたします。MT車のシフトチェンジの時を同じようなタイミングですね。

考えてみればセミオートマっていうくらいですから、クラッチ操作とシフト操作をしなくていいオートマと考えなければいけないのでしょうか・・・。

乗りなれれば結構キビキビ走れて面白いですね。

ただ、クラッチディスクがあるので、クラッチディスクも交換する必要が出てくるという事です。
街中の渋滞なんかでの使用が中心だとクラッチディスクの磨耗の結構早いみたいですし、渋滞のトロトロ運転での、アクセル、微妙に開けるか開けないかのパーシャル状態での運転が半クラ状態で、クラッチディスクに一番負担をかける運転らしいです。

全開か全閉・・・、まるでレーシングカーですね。
日本のような道路事情で、女性のお買い物クルマ的な使い方だとトラブル出やすいかもしれませんね。

有難うございましたm(_ _)m
スポンサーサイト

2013.12.26 
9月も今日で終わりですね・・・・。

どうも、大変ご無沙汰しております、ポルシェ専門修理工場店主でございます。
ポルシェ専門と言いつつも、ポルシェ以外の修理も承っております。

いや~しかし、台風が明日にかけてもろに来るんでしょうか、本日は、お昼前から雨風がドンドン強くなってきて、弊社も閉店営業?状態・・・・。
お客様のお車を暴風雨にさらすわけにはいかないので、狭い工場に車を詰め込んで仕事をしておりました。

台風の日
突然、アイドリングしなくなったエリーゼ君の各部点検、ご機嫌伺い、フルコンの設定変更、工場のシャッターを締め切った状態で、エンジン調整していると、排ガスで頭がクラクラ・・o(+_+。)(。+_+)o

さてさて、ラジエター・サブタンクのクーラントが、結構早いペースでなくなるとの事で入庫いたしました、
フィアット・パンダ 100HPです。

フィアット パンダ 100HP
※お客様のお車全体像のお写真を撮るのを忘れておりまして、ネット上から拝借いたしました。 
白いボディに赤のライン、若干下がった車高に、ファットなタイヤ、エキゾーストノートも勇ましく、やる気を感じさせるお車です。
イタリア車といえば、個人的には、赤とか黄色っていう華やかな色のイメージがありますが、白も上品で、なにげにレーシーさが漂っていてイイですね。

さて、水漏れですが、ご入庫された時もクーラントの焼けた独特な匂いが漂っておりました。
ヒーターホースを伝ってクーラントが垂れてきてましたので、ホースに細かなクラックが入っているのかなと思っておりましたが・・・・、よ~くみて見ると・・・。
フィアット パンダ 水漏れ修理① フィアット パンダ 水漏れ修理②
サーモハウジングのヒーターホースの樹脂製のフィッティングの部分から漏れてきておりました。

フィッティングだけの部品の供給はなく、サーモハウジングASSYごとの交換となりました。
フィアット パンダ 水漏れ修理③ フィアット パンダ 水漏れ修理④
新品の部品も同じく樹脂製のフィッティングでした(◎_◎)

そして、こちらは、白のイタリア車繋がり?で入庫したフェラーリ F430で御座います。
フェラーリ F430① フェラーリ F430②
白のボディに、赤の内装が、地味になり過ぎず、上品な感じがして良いですね。
う~ん、でも赤の内装、めっちゃ気を使います(>▽<;;

フェラーリ F430③ フェラーリ F430④ フェラーリ F430⑤
しかし、フェラーリ、魅せる演出が違いますね。エンジンまで丸見えだし・・・・。
これだけ丸見えだと、エンジンも常に綺麗にしておかないとって気になりますよね。

フェラーリ F430 ブレーキ① フェラーリ F430 ブレーキ②
ブレーキ、(◎_◎;) デカっ!! しかもカーボン・・・・。

さてさて、こちらのF430、エンジンオイルとミッションオイルの交換で入庫致しました。

アンダーカバーには、オイル交換用のサービスホールが開いておりますが、オイルがアンダーカバーにこぼれて残ってしまうとオイル漏れと勘違いしちゃう可能性もあるし、オイル漏れがないか確認も出来るので、外して作業致しました。
フェラーリ F430 エンジンオイル交換①

エンジンオイルを抜く箇所は、オイルタンク側とエンジン・オイルパン側の2箇所です。
フェラーリ F430 エンジンオイル交換② 

ミッションオイルはリア・ディフューザーも外して行います。
フェラーリ F430 ミッションオイル交換① フェラーリ F430 ミッションオイル交換②

フェラーリって、音もデザインされているというか、アイドリングは静かなんだけれど、走ってる時の音って最高ですよね。作業完了後、お客様が帰られる時の音に、聞き惚れてしまいました。

音といえば・・・・。

お客様に 『 最近、ブログ、音楽ネタ、無いですよね・・・ 』って・・・・・。

それはですね・・・・(^▽^;)、私が好んで聴いている音楽って、暑苦しいのが多いので、残暑厳しい中、そんな暑苦しい音楽をネタにしてしまうとブログを見て頂いている方が、暑苦しい思いをしないかと思ってですね・・・って、言い訳してみたりして・・・・・(^▽^;)

それでは、遠慮なく、控えめに、本日は、爽やか系で・・・・こんなんどうでしょう、

『 Blue Murder - Billy  』


私のフェイバリット・ギターリストのジョン・サイクス率いるブルーマーダーの貴重な映像です。
ベースのトニー・フランクリンのフレットレスベースが、ジョン・サイクスのソリッドで攻撃的なギターサウンドと絡んでなんとも不思議な感じで大好きです。工場でも、よくヘビーローテーションしております。
YOU TUBEでもライブ映像は、殆ど無いですね。

弊社、付近では、思っていた程、台風の影響は、無かったですが、夕方、夕日が出て、綺麗な虹が出ておりました。

明日から、10月ですが、10月は、自動車関係のイベントが目白押しで楽しみですね。

ではでは・・・・。
有難うございました<(_ _*)>

2012.09.30 
いや~、久しぶりに、凹みました・・・・・いや、殆ど毎日か ・・・・(-∀-`; )。

しかし、寒い・・・・。
ブログアップしている時も、ガタガタ震えながらキーボード叩いてますから{{{{(+(ェ)+。)}}}}
事務所、暖房付いているですよ、一応・・・・、でも足が冷たい・・・。

さてさて、ブレーキパット交換で入庫したアルファロメオ 156です。
ご自身で、パーツを入手され、ご自身で交換されようと試みられたそうですが、断念されたそうです。
危険が伴う箇所のD.I.Yは、適切な工具と技術が無ければ、しないほうがよいと思いますよ。

しかし、これはアカンでしょ・・・・Σ(Д゚;/)/
アルファロメオ 156 ブレーキパット交換① アルファロメオ 156 ブレーキパット交換② アルファロメオ 156 ブレーキパット交換③
アカン刑事出動ですヽ(゚∀゚=゚∀゚)ノ

ブレーキローターもガタガタでしたので早期の交換をお奨め致しました・・・・。

2012.01.25 
なんか、数日までの激寒な日々は嘘のように暖かくなっちゃってますね。

でも再来週位から、またまた激寒な日々に戻るそうですよo(><;)o o(;><)o

皆さん、体調管理には気をつけましょう!

さてさて、ココ最近、なんとなくガソリン臭いような気がする、特にガソリンを満タンにした時がかなり臭いような気がするとの事で入庫致しました、フィアットプントです。

満タンの時が、かなり臭いとの事でしたので、とりあえずガソリン満タンに・・・・。

燃料ポンプは、リアシートをめくるとサービスホールがあるのでカバーを外すと現れます。
フィアット プント 燃料漏れ 修理
やはり、ガソリンモレモレ状態でした <( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)>

さて、とりあえず漏れているガソリンを綺麗にふき取り、ミクロチェックという現像液をかけて漏れている箇所を特定いたします。
フィアット プント ガソリン漏れ点検① フィアット プント ガソリン漏れ点検②
燃料ラインが刺さっているところの中央の丸い部分からジワジワとガソリンが漏れてきてました。
アルファロメヲにもよくある定番トラブルですね。

フューエルポンプ、燃料ゲージのセンサーが一緒になったユニットですので結構高価な部品です。
フィアット プント 燃料ポンプ

燃料ポンプ交換後、再度、ミクロチェックをかけて漏れが無いか点検して完了です。
フィアット プント 燃料ポンプ交換

さてさて、前回のドラえもんのスピードメタルバージョンの作者が、他にも楽しい?アレンジで良い子にもお馴染みの曲を作っておられました。


アンパンマン ロシアバージョン=ピロシキマンって・・・・((o(>▽<)o))
こんな顔したオジサン、近くに居ませんか~?

あ~、夢に出てきそう~(〃^∇^)o彡☆あははははっ






2011.02.03 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。