上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
毎度有難うございます、ポルシェ専門修理工場店主です。

ポルシェ専門と謳いながらもポルシェ以外のお車の修理もさせていただいております。

『 なんや、最近ポルシェ以外ばっかりやん・・。』って声も聞こえてきそうですが・・・、
食べていく為には、何でも修理いたします('ェ';)
でも、興味ないクルマ、診たくないクルマは基本診ませんが・・・・・d(´・∀・`)
でも激暇だったら診るかも・・・・ドッチヤネン!(。-ω-)_θ☆(ノ・⊿・)ノ

さてさて、車検整備で入庫いたしました、オペル スピードスターです。

IMGP0097_201312271218318f2.jpg IMGP0094_2013122712190524f.jpg

オペル スピードスターは、オペルの自動車生産100周年を記念したモデルで、1999年にプロトタイプが発表されました。実は、私、1999年にドイツ、フランクフルトで行われましたモーターショウに仕事でいっておりました、その際、このスピードスターのプロトタイプを見て、それ以降、非常に気になるクルマでした。
opel.jpg
この時、スピードスターは、ステージ上に飾られておりましたので細部まで見ることはできませんでしたが、当時、このコンパクトなボディの2シータースポーツカーに非常に惹かれました。

オペル スピードスターは、ロータス エリーゼのフェイズⅡのシャーシをベースに作られております。
製造は、ロータスの工場で行われたそうですが、当時のロータスの製産技術、品質の酷さにオペルが駄目だしを繰り返し、ロータスの生産技術、品質が上がったのは有名な話です。
確かに、エリーゼも初期モデルのフェイズⅠに比べるとフェイズⅡの方が製品としてはかなりキッチリ作られておりました。

2001年からドイツ、イギリスを中心に販売が開始されましたが、日本への導入は、2003年からで、80台限定の受注生産でした。82通りもある内装やシート、ソフトトップ(幌)の色の組み合わせを購入者の意向でオーダーできたそうです。

エリーゼと共通のコンポーネンツは1割程度と公表されておりましたが、実際はもっと共通の部分があるように思われます。
IMGP0079_20131227124250206.jpg IMGP0088_20131227124342463.jpg
IMGP0080_20131227124436059.jpg IMGP0086.jpg
足廻りのアーム類、ステアリングラック廻りはエリーゼと同じだと思います。
フロントスタビは、ブルーのが付いています。
ブレーキキャリパー、ローターもエリーゼと同じだと思いますが、ハブが違うように思われます。
ホイールもエリーゼ4穴に対してスピードスターは5穴です。
※こちらのスピードスターには社外品のショック・バネ、ホイールが装着されておりました。

エリーゼには装着されていなかったマスターバック、ABSが装備されております。
IMGP0078.jpg
 
エンジンは、オペル・アストラやザフィーラに搭載されていますGM製のECOTEC と呼ばれる2.2Lの直4です。
IMGP0081_20131227140700e82.jpg IMGP0084.jpg
エリーゼに搭載されているローバー製Kエンジンに比べると結構大きく、パッツンパッツンな印象を受けます。

IMGP0085_20131227141046e7d.jpg
水冷式オイルクーラー(ヒートエクスチェンジャー)も装備しております。

内装に関してましては、写真はありませんが、エリーゼに比べてかなりチープ(良い意味で)な感じでした。

さてさて、こちらのスピードスターをお預かりする際、ユーザー様から2点不具合の点検修理のご依頼を受けました。

まず、エンジンルームからクーラントの匂いがするとの事・・・・。
IMGP0071_20131228073627c0a.jpg
こちらは、クーラント・リザーバータンクに細かいクラックが入ってきており、水温が上昇してきて圧がかかった時にジワジワとクラックからクーラントが微妙ですが漏れてきておりました。

IMGP0072_2013122807390604f.jpg IMGP0082.jpg
リザーバータンクとキャップを交換致しました。
いや~しかし、ビックリしたのが、部品の値段です・・・・・・・、安い・・・。
拍子抜けする位、安かったです。軽ヨン並?
エリーゼだったらこれの倍以上はしてると思います。

つづいて、コーナリング中や、ブレーキングの時に、ブレーキオイルの警告が付く時があるとの事・・・。
IMGP0076_20131228074751ce1.jpg
リザーバータンクキャップにフロートが付いていてオイルレベルが一定以上下がると警告灯を点灯させるようになっておりますが、フロート側のオイルレベルが若干低かったです。ブレーキパットの残量が減ってくるとオイルレベルも下がります。ブレーキパットは社外品に交換されていてオイルレベルをどれ位で合わせてあったか不明だった事とオイル漏れも見られなかったのでブレーキオイル交換とエア抜きを行い様子を見ていただくことになりました。
IMGP0083_201312280754006f9.jpg
上の写真と比べてみてもらえるとブレーキオイルが汚れていた事が良くわかると思います。
クラッチの作動オイルと兼用なので意外に汚れるの早いです。
ブレーキ関係に漏れが無くてもクラッチのレリーズシリンダーからの漏れでブレーキオイルレベルが下がる事もあります。そちらも点検致しましたが、今のところは漏れは確認できませんでした。

私が、このオペル スピードスターでエリーゼと違うところで関心したのが・・・・。
IMGP0089.jpg IMGP0090_20131228080010a8a.jpg
アンダーパネルにオイル交換用のサービスパネルが設けられているところです。
エリーゼにはこれが無いので、オイル交換の際、アンダーパネルを外す必要があります。
さすがオペル・・・・、ロータスは何故採用しなかったのだろうか・・・・。

さてさて、ある意味、エリーゼより希少?なオペル・スピードスターですが、運転した感じは、軽量なボディに2.2Lのトルクフルなエンジンでシャープで尖がったルックスとは裏腹に、かなりズボラな運転が可能です。エンジンもエコと謳っているだけあって軽量ボディもあってかかなり燃費が良いように思いました。
かといって退屈なクルマかと言えば、そんな事もなく・・・・。
ただ、エリーゼは2001年からのフェイズⅡでは、エアコンが付いておりますが、スピードスターはエアコンなし。
フェイズⅡからのエアコンの効きが劇的によくなっていて通勤にも耐えうるクルマと進化しているのに、どちらかと言えば、マイルドな方向へもっていってるスピードスターにエアコンが無いのが残念な気が致しますが、2.2Lの大きなエンジンを搭載しているのでスペース的に厳しかったのかもしれません。
ただ、日本にはNAモデルしか導入されておりませんでしたが、ヨーロッパ仕様では、ターボモデルもあり、排気量は2.0Lとなりますが、200馬力出ているようで、そちらの方も日本へ導入して欲しかったですね。

ここからは、私の勝手な推測、解釈ですが、オペル・スピードスターが2001年からの販売で、エリーゼ フェイズⅡも2001年からの発売・・・・、スピードスター用に開発したシャーシを使ってエリーゼがモデルチェンジをしたのではないかな?と・・・・。
スピードスターが発売された時、エリーゼと共通のコンポーネンツは1割というのは、エリーゼのフェイズⅠとの比較かもしれませんね。

1999年にフランクフルトショーでみたプロトタイプはどう見てもエリーゼ・フェイズⅠベースのように見えますし、駄目出しを出し続けた結果、シャーシから作り変えてしまったってことではないでしょう・・・・。

いずれにせよ、このスピードスターをロータスが生産することによって、ロータスの生産技術、品質は格段に向上し、ブクブク太って、乗用車に近づいていったのは、昔からのロータスファンには寂しい事だったかもしれませんね。

ちなみに、上記の私の感想は、フェイズⅡのローバーKシリーズエンジン(VVC無し)搭載車と比較しての感想です。
個人的には、ボディデザインは、エリーゼよりスピードスターの方が好きですね。
中古車がもっと安くなれば欲しいかも~。

有難うございましたm(_ _)m


スポンサーサイト

2013.12.27 
毎度有難うございます、ポルシェ専門修理工場店主でございます。

ポルシェ専門と謳いながらもポルシェ以外も整備修理いたしております。 ※アメ車は以外

高速道路で、100キロ以上出ないということで入庫致しました、ベンツV280です。

色々とトラブルが多いといわれるベンツV230、V280でございますが、それでも根強いファンが多い車で御座います。日本車のこの手のカテゴリーの車と比べますとシンプルで、それでいて多彩なシートレイアウト、トラックのような乗り心地だという酷評もございますが、運転していて意外に楽しく、疲れないクルマです。

さてさて、今回、お預かりいたしましたV280でございますが、今まで正規ディーラーでのフルメンテをされてきたお車で、ウィークポイントとされるところも一通り手が入っておりました。
弊社にお持込になられる前も正規ディーラーへ点検修理に出しておられたとか・・・・。

正規ディーラーでの診断結果は、エアフロメーターの不良だということでエアフロメーターを交換されたとか、しかしながら症状は改善されず・・・・。
次、触媒が詰まってそうだから、触媒を交換を薦められたとか・・・・。

触媒、新品で40万円近くするそうで・・・・。
ということ一旦、正規ディーラーさんから引き上げてこられたとか・・・・。

『 気に入っているクルマだけど、あまり高額になるようだったら手放すことも考えているので、ラボさんに判断を委ねたい。』っとユーザー様・・・。

修理屋冥利尽きるお言葉でございますが、同じクルマを数多く修理されてきておられるディーラーさんが判断を見誤る案件をメルセデス専門ではない私ができるのでしょうか・・・・と一抹の不安を持ちつつも・・・。

とりあえず、ユーザー様が仰っておられる症状を確認する為、高速へ試運転へ出かけました。

『 下道では、いたって普通です。』とのユーザー様のお言葉通り、特に調子が悪いとかって感じはありません。

高速に乗っても、平坦な道でしたらス~っと100キロ近くまで加速していきました。
ところが、ほんの少し上りになってきたところで100キロ近くから80キロ近くまで速度が落ちていき、アクセルを開けてキックダウンさせるも4,000回転以上回らず、当然の事ながら速度も伸びず・・・。
途中、左から合流してきた高速バスを追い越そうと追い越し車線にでるも車速が伸びず、走行車線に戻ってしまうという位、緩やかな上り坂でも回転が上がらない為、車速も伸びないといった感じでした。

しかしながら、道が平坦になると100キロ以上でるという繰り返し・・・・。

ユーザー様の言われている症状がわかったので工場へ戻って各部点検致しました。

ダイアグノーシステスターでフォルトメモリーを点検しても特に何も残っておらず・・・、

停止状態では、燃圧も特に問題なく・・・・。
ユーザー様は、燃料ポンプは今まで交換した事がないので、燃料ポンプの不具合も考えておられました。

停車状態の空ぶかしでは、5,000回転位までスムーズに上がり・・・・。
満タン給油時とそうでない時の空ぶかしでの回り方が違ったというユーザー様のお話もありましたが・・・。

特にミスファイア起こしている感じでもなく、イグニッションコイルも1万キロ前に交換されておられますし・・・。
エアフロも、ディーラーさんで交換したばかり出し・・・。

ただ、キックダウンさせた時に、ノッキングしているのが気になり・・・・。

と頭の中でグルグルと考えながら・・・・・。
やはり、一番怪しいのは触媒の詰まりか~と考え・・・・、

タラララッタラ~♪ 『 簡易触媒詰まり検査機~♪ 』 ※ドラえもん風に

IMGP0066_20131222143808443.jpg IMGP0061_201312221438525a8.jpg
ラムダセンサーを外し、圧力計を接続致します。
触媒の詰まりが無ければ、アクセルを開けた時、開けた瞬間は、若干正圧側に針がふっても、ほぼ0付近を指す筈です。

IMGP0061_201312221441345ab.jpg IMGP0065_20131222144207bd8.jpg
3000回転位まで回転を上げました、圧力計の針は、見事に振り切らんとばかりの勢いで正圧側に・・・。

ユーザー様に、点検の結果と触媒の詰まりの可能性が高い事をお話させて頂きました。

新品は、あまりに高価なのでユーザー様が中古品を探してこられました。
IMGP0070.jpg

ユーザー様がご用意された中古触媒に交換して、早速試運転致しました。
0~60キロ位までの出足、加速も明らかに違いました。
肝心の高速ですが、上り坂でも100キロ以上出るようになり、キックダウンさせても5,000回転位までストレス無く回るようになり、グングン車速も伸びていきました。

今回のようなケースでも、様々な要因が重なって出ていた症状の場合も多く、一概には触媒だけの問題だけではなかったかもしれません。ディーラー様が判断、交換されたエアフロも一つの要因だった可能性もあります。

制御が複雑になればなるほど、不具合の改善が一筋縄では行かないというのが正直なところ・・・・。
弊社に入庫される前にディーラーさまで点検されておられたので消去法で考えることが出来ましたので助かりました。

今回も文字ばかりのブログで、申し訳ありません。

有難うございましたm(_ _)m


2013.12.10 
毎度有難うございます、ポルシェ専門修理工場店主でございます。

ポルシェ専門店と謳いながらもポルシェ以外も修理させていただいております。 ※アメ車除く・・。

さてさて、エンジンをかけるとメーターパネルに「TRANS FAISAFE PROG」という警告がでると言うことで入庫致しました、BMW 525(E39)でございます。
IMGP0044.jpg

「TRANS FAISAFE PROG」とは、「トランスミッションの電子制御回路またはトランスミッションに異常が発生」しているという事で、早めに点検をして下さいという警告メッセージでございます。このメッセージが出た場合、殆どが、エマージェンシーモードに入ってしまう為、3速固定となってしまいます。

お客様に、「TRANS FAISAFE PROG」が出る時の状況をお聞き致しますと・・・、
①朝一、エンジンを始動すると殆どといって出る・・・、発進が鈍い(3速ホールド)。
②暫く走っているとて、次始動した時は出ない時もある・・・・、走行はいたって普通。

とりあえず、ダイアグノーシステスターでフォルトメモリーを読み出しました。
IMGP0048.jpg
プレッシャーアクチュエーターのフォルトが残っておりました。

とりあえず、フォルトメモリーを消去して、再度エンジンを始動してみます。
エンジンがかかるやいなや「TRANS FAISAFE PROG」とメーセージが出ました。
再度、フォルトメモリーを読み出しました。
3つあった内の1つがエラーとして残っておりました。

こういったトラブルの場合、それがミッション本体の不具合なのか、コントロールユニットの問題なのか、間のハーネスの問題なのか、はたまた他の箇所の不具合が原因となっているのか判断するのが難しい場合もございます。

今回のようにダイアノーシステスターのフォルトをそのまま鵜呑みにしてしまってミッション本体側のトラブルだと決めつけてしまうのもどうかと思います。ダイアグノーシステスターは便利なようで、時には整備士の判断を迷わせることもあります。

とりあえず、ミッション側のカプラーがオイリーだったので脱脂して、再度エンジンを始動してみました。
やはり、「TRANS FAISAFE PROG」とでました。
もちろん、この状態では、3速ホールドです。
再度、フォルトメモリーを読み出しました。
やはり、上記と同じフォルトメモリーが残っておりました。
残っていたフォルトメモリーを再度消去いたしました。
この時、ある事に気がつきました。
エンジンを止めている状態でフォルトメモリーを消しても再度エンジンを始動するとすぐに「TRANS FAISAFE PROG」のエラーが発生いたします。
しかしながら、エンジンをかけたままフォルトメモリーを消すといくら走っても「TRANS FAISAFE PROG」のエラーは発生いたしません。もちろんこの状態では、ミッション不具合無く普通に作動しておりました。
一旦、エンジンを止めて、再度フォルトメモリーを読み出しました。フォルトはOで御座いました。
再度、エンジンを始動してみました。やはり「TRANS FAISAFE PROG」と出ました。

上記のことで、原因が何となく解った方もいらっしゃるかもしれませんが、
ふとモニターの電圧計を見てみますと・・・、
IMGP0047.jpg
う~ん・・・・・低いです。

バッテリーを点検してみました。
IMGP0046.jpg
何時交換されたかわかりませんが、ここ最近ではなさそうです。

バッテリーの端子にサーキットテスターを繋ぎ、セルモーターを回した時の電圧を測定してみました。
無負荷の状態で12V位の電圧がセルモーターを回すと一挙に9V近くまで下がりました。
バッテリーがこの状態でもセルモーターは元気に回りエンジンは一発始動いたします。

一晩、バッテリーを充電いたしました。
充電器を外してすぐの状態では、朝一、エンジンを始動しても「TRANS FAISAFE PROG」のメッセージは出なくなりましたが、お昼に再度、エンジンをかけるとやはり「TRANS FAISAFE PROG」とでます。

原因が、バッテリーだと確信できましたが、お客様にご報告させていただく前に、弊社のまだまだ元気のある中古バッテリーに付け替えて、テストしてみました。
朝一どころか、お昼でも、夜でもいくらセルを回しても「TRANS FAISAFE PROG」メッセージは出なくなりました。

お客様に確認させて頂いたところ、中古車で購入されて5年程、一度も交換されたことがないとか、前のユーザー様が何時変えたかもわからないということでした。それでも元気良く、セルモーターを回していたと考えるとかなりの長寿命のバッテリーだったのかもしれませんね。

ということでバッテリーを交換して作業完了いたしました。

以前、こんなことがありました・・・・。
ご自宅のガレージで、出かけようとしたところエンジンがかからないと・・・・。
セルモーターも回らないとのことでした・・・。
お客様に『バッテリーは大丈夫ですか?』とお尋ねしたところ、3ヶ月前にネットでバッテリーを交換してご自身で交換されたとの事・・・。
とりあえず、お客様のご自宅へ行き、お車の状態を確認させて頂くとどうもバッテリーぽい感じが致しましたが、お客様にしてみれば、3ヶ月前にバッテリーを交換したとこだからという感じでした。たまたま、お客様のところに前に取り付けられてあったバッテリーがあったので、それに交換してみました。
エンジン一発始動でした。3ヶ月前に新品に交換したバッテリーが原因でした。
こちらのお車は、電動パワステのお車、バッテリーを交換してから偶にステアリングが急に重たくなることあるとのことでしたので、交換された新品のバッテリーが悪さをしていた可能性もあります。

最近の車は、色々なところが電子制御になってきております・・。
供給電圧が正常でないと誤作動を起こす可能性もあります。

ポルシェ・カイエンなんかでも良く有りますが、バッテリーが弱くなってくるとエンジン始動時にトランスファーの警告が点灯することもあります。

バッテリーもネットではかなり安く売られているものもありますが、上記のように品質にむらがあったりする場合も多々あります。バッテリー交換作業もバックアップを取りながらでないと不具合を起こす場合もございます。
簡単そうに見える作業かもしれませんが、以外と注意しなければ行けない点も多くございます。

大変長く文字だらけのブログになってしまいました.
書く方も疲れましたが、読まれ方はもっとお疲れになられたのではないでしょうか・・・。。
バッテリーは大切ですよ~てお話でした。

次回は写真多めで、文字少なめで・・・・。

有難うございましたm(_ _)m

2013.12.08 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。