上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
どうもどうも、昨日に引き続き、73カレラRS クーラー取付 Part2で御座います。

とりあえず、エンジン廻りから着手致しました。

クランクプーリー①
元々、クーラーが付いていないので、クランクプーリーにクーラベルトかけるようにはなっておりません。

クランクプーリー② クランクプーリー② クランクプーリー③ クランクプーリー④
KITの中に、クーラーベルトをかける為のプーリーが付属されておりました。
純正のクランクプーリーにあいている2箇所の穴を利用して、クーラベルト用のプーリーが回らないように工夫されていますが、クランクプーリーボルトを締めるたり緩めたりする時にプーリーを固定する為のレンチが使えなくなってしまいますね。
クーラーベルトプーリーの厚み分、ボルトのかかりが浅くなるので、専用のボルト?が付属されています。

が、しか~し・・・・。
どう見ても長さ、短いし、オマケにインチサイズ・・・。
US仕様のポルシェはインチネジをつかっているのかしら? Fuck You!! (`∧´メ)ρ))

さてさて、気を取り直して・・・。
クランクプーリー⑤
ボルトはこちらで用意して、無事装着いたしました。

続いて、コンプレッサー取付ステーを取付いたします。
コンプレッサー取付ステー② コンプレッサー取付ステー① コンプレッサー取付ステー③
エンジンハンガーに設けられている取付穴を利用して純正と同じように固定いたします。
ステーがカバーに干渉するところはカット致しました。

コンプレッサーの土台を取り付ける段階で、問題発生・・・。
コンプレッサーステー① コンプレッサーステー②
デスビ用のマニホールド負圧ライン取り出し口とスロットルの調整スクリューが干渉して、土台が正規の位置へ固定できません。

とりあえず、ユーザー様に相談したところ、

『 所詮、社外品の後付けKIT、想定内だから、加工して進めて下さい。 』

とのお返事だったので、作業進めていきました。

コンプレッサーステー③
干渉するところは、削り落として、調整致します。※削るのは、ステー側だけです。

削っては取り付けて、削っては取り付けての繰り返しで何とかステー装着完了・・・・。
コンプレッサーを仮付けいたします。

がしか~し・・・、またまた問題発生・・・・。
コンプレッサー取付
スロットル・フィラーチューブに干渉して、コンプレッサー正規の位置へ固定できません・・・。

∑( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!

後付けのクーラーKIT、しかもアメリカ製だし、仕方が無い仕方が無い・・・(-゛-メ) ヒクヒク
気を取り直して・・・・。
コンプレッサーステー加工 コンプレッサーステー加工②
コンプレッサーステーを加工して、コンプレッサーの取付位置を変更いたしました。
ベルトの張りの調整は、純正のようにコンプレッサーをスライドさせるのではなく、テンションプーリーで調整致します。

スッタモンダの末、無事コンプレッサー取付完了~♪
コンプレッサー取付

前途多難、つづく~















スポンサーサイト

2010.08.29 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。