上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
毎度有難うございます、ポルシェ専門修理工場店主で御座います。

いや~、ようやく雨がふりました・・・・::::( -(エ)-)Y::::
梅雨入り宣言後、弊社の地区では始めての雨ではないでしょうか・・・。

ここ数日は、最高気温35°前後まで上がる日が続き、フラフラです。

さてさて、そんなこんなでクーラーが冷えないとのことで入庫致しました993でございます。

早速ゲージを繋いで冷媒量を点検致しましたが、ゼロでした・・・。
ガスを何度か補充されたそうですが、補充すると冷えるものの数日すると冷えなくなるとのこと。

ご本人もドレンから抜けてくる水が虹色に光っているように見えたのでエバポレーターではと考えておられました。

『 エバポで間違いないからエバポ交換して・・』とのご依頼でしたのでソソクサと作業にかかります。

エバポレーターを交換する為には、エアコンユニットごと取り外す必要がございます。

エアコンユニットを取り外す為には燃料タンクを下ろす必要がございます。
ポルシェ 911 エバポ交換 P1100583.jpg

燃料タンクが外れましたら、エアコンユニットごと取り外します。
P1100600.jpg P1100601.jpg

ユニットに付いている付属品を外し、2分割のケースを割ります。
P1100641.jpg P1100642.jpg
やはり、エバポレーターから漏れてましたね。

ケースを綺麗にして、新しいエバポレーターと取付、元通りにしていきます。
エバポレーターの他、エキスパンションバルブ、リキッドタンクも同時に交換致します。
P1100647.jpg P1100664.jpg
真空引き、冷媒充填後、試運転、システムをフォルトメモリーを点検して終了です。

画像も少なめで簡単そうに見えるかもしれませんが、結構大変な作業でございます。

毎年、クーラーガスを補充して過ごされておられる方、本格的な酷暑が来る前に、修理されては如何でしょうか?

有難うございました<(_ _)>







スポンサーサイト

2013.06.15 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。