上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
毎度有難うございます、ポルシェ専門修理工場店主でございます。

いや~、しかし、よく降りますね。
台風が次から次へとやってきて各地色んな被害が出ているようですね。

大切なお車が水没してしまった方とかもいらっしゃるのではないでしょうか・・。

さてさて、大雨の中、野外に駐車していてエンジンがかからなくなってしまったという事で入庫致しましたボクスター(986)でございます。

普段は、屋根付きのガレージに保管されておられるそうなのですが、たまたま野外に駐車しておられて、あまりの雨の多さに急いで屋根付きのガレージに移動されたそうなのですが、その際も中々エンジンがかからず(セルモーターも回らず)、なんとかかかって、屋根付きのガレージに移動は出来たものの明くる朝、エンジンが始動しなくなってしまっていたとの事でした。

レッカーで弊社にご入庫されましたが、その時は、バッテリーも完全に上がってしまっていたので、とりあえずバッテリーを充電いたした。充電完了後、エンジンをかけようとしてもやはりセルモーターは回らず・・・。

バッテリーを充電しターミナルを接続するとフロントフードのオーナーのモーターがしばらく動いているという何とも奇妙な現象が起き、明らかに電気的に何処かおかしい感じでした。

とりあえず、ポルシェ・システムテスターで各システムのフォルトメモリーを読み出しました。

しかしながら・・・・、
IMGP0104.jpg IMGP0105_20131025161929b66.jpg

システムミツカラズ・・・、DME、アラームシステム、エアコン等殆どのシステムが起動してないということに・・・。キーONにするとメーター類、照明は点灯するもののパワーウインドウも作動いたしません。リアトランクのオープナーボタンも反応なく、30秒後位に突然開いたり・・・・。

とりあえず、各システムの電源が来ているかチェックし、フューズ、リレー類を点検致しました。

運転席側の足元は、ビショビショで、運転席側のAピラー下にマウントされているフューズボックスは水滴がついてこちらもビショビショ・・・。とりあえず、フューズを全て外してエアーで水滴を飛ばし、各接点に接点復活剤をかけました。再度、ポルシェシステムテスターで各システムとアクセスを試みましたが結果は同じ・・・。

イグニッションスイッチを確認するも問題なし。

バッテリーのターミナル、各アースポイントを取り外し、念のため接点を磨き、接点復活剤をかけたり・・・。
バッテリー後ろのカレントディストリビューターも外して点検致しました。
IMGP0141.jpg
こちらも水滴が付着しておりましたのでフューズを全て外してエアーで水滴を飛ばし、接点を磨き、接点復活剤をかけました。

再度、ポルシェシステムテスターで各システムにアクセスしてみるとアラームシステム以外のシステムにアクセスできたのでDMEのフォルトメモリーを読み出してみました。
IMGP0152.jpg
イモビライザーのフォルトメモリーが残っておりました。
アラームシステムのCPUが起動していないので、イモビライザーに不具合がでているとDMEが認識しているようです。

早速、運転席シート下のアラームシステムのCPUを点検してみました。
IMGP0148.jpg
見るからに水に漬かりましたよ的な感じです。

アラームシステムのCPUを外し、ケースを開けてみました。
IMGP0144.jpg IMGP0145.jpg
IMGP0146.jpg IMGP0147.jpg
アイタタタ~・・・・、見るも無残なお姿に・・・・。

とりあえず、水滴、ごみ、泥をエアーで飛ばし、基盤の汚れをブラシで除去し半田が怪しいところは半田しなおしてみました。
IMGP0155.jpg
アラームシステムのCPUを取付、キーオンにすると何故か“ ウィ~ン ”と左右のパワーウインドが上がりました。そして、キーをひねるとセルモーターが回りエンジンも始動致しました。

とりあえず、エンジンがかかったので一安心致しましたが、キーリモコンが利かず、尚且つ、キーシリンダーでもドアロックが作動いたしませんでした。
IMGP0153.jpg
テスターのアクチュエーターテストモードでもやはり動きませんでした。

ボクスターは、運転席側にはキーシリンダーは有りますが、助手席にはありません。
手動で室内からもロックする事はできません。

とりあえず、エンジンがかかるようになった事と現状をユーザー様にご説明させて頂き、一度、水没してしまったCPUは、何時不具合が出てもおかしくない事と、ドアロックが出来ないと何かと無用心なのでアラームシステムのCPUの交換をお奨めいたしましてご了解を頂きました。

IMGP0040.jpg
アラームシステムのCPUを新品にする場合、キーリモコンを登録しなおす必要が出てまいります。

キーリモコンにはそれぞれキー番号がございまして、それをテスターを使ってCPUに登録するのですが、意外とこのキーリモコンの番号の控えをなくされておられる方多いように思います。
IMGP0042.jpg
これが無いと今回のようにアラームシステムのCPUを交換するのと同時にキーリモコンも交換しなくてはいけません。

幌の不具合は、単に雨漏れだけでなく、今回のようなエンジンがかからなくなる様なトラブルを引き起こす可能性もありますので、注意が必要だと思います。

有難うございましたm(_ _)m。
スポンサーサイト

2013.10.25 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。