上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
毎度有難うございます、ポルシェ専門修理工場店主でございます。

折角の日曜日なのに、今日は朝から雨ですね。
お昼からは回復するようですが・・・・・・。

しかし最近の週間天気予報は、コロコロ変わりますね。
明日からは、ほとんど曇りだったのに晴れ後曇りに変わってますね。
弊社は、水曜日が定休日ですので、水曜、天気が良いほうが嬉しいのですが・・・・。

さてさて、ウォッシャーがでないということで入庫の996です。
ウォッシャー液の警告は付いてないし、ポンプが回っている音はするとの事・・・・・。

点検してみると確かにウォッシャー液は入っているし、ポンプの回っている音はしています。
何度か、テストを繰り返していると下からボタボタと水が漏れてきました。

どこから漏れてきているか見てみますと・・・・・・。
20140615 040
ウォッシャーラインのジョイントのところが外れております。

これ、996だけではなくて、997、ボクスター(986、987)、ケイマン(987C)でも良くありますね。
トラブルというよりも人為的ミスですね。

水冷になってからのバッテリーの搭載位置って何とも交換し難い場所についております。
バッテリーの重みもあって取り付けの際に、ウォッシャーのラインを引っ掛けて抜けてしまうのだと思います。
専門店さんでは、こういったことはないかとないかと思いますが、今まで弊社で同様のトラブルは、ほとんどがガソリンスタンドで交換してもらったとか、ユーザー様がご自身で交換されたとかってのがほとんどです。

ちなみに、正常な状態はこんな感じです。↓
20140615 043

あと偶にこんなのもありますね。
20140615 041
バッテリーの固定ステーの位置が違う・・・・・。
バッテリーのサイズによって固定ステーの位置を変えられるようになっているのですが・・・・。
これだと固定されてないのと同じですので、何かの衝撃でバッテリーが動いたり、外れちゃいますしハーネスも傷めてしまう可能性もあります。

バッテリーを交換するのも簡単そうに見えて、注意すべき所はありますよ。
特に最近の車は、バックアップ電源を接続してないと不具合が出る場合もありますので注意が必要です。

DIYでされる方、くれぐれも腰を痛めないようお気をつけて・・・・。

有難うございましたm(_ _)m
スポンサーサイト

2014.06.22 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。