上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
毎度有難うございます、ポルシェ専門修理工場店主でございます。

本日は、前置き無しで・・・・・。

ビルシュタイン・ショックアブソーバーのオーバーホールご依頼で入庫致しました964RSです。

ユーザー様のお話では、路面のギャップ等で、かなり、“ ガツン ”と衝撃が伝わるようになってきたとか・・・・。

早速、ショックを取り外しにかかります。

まず、フロントですが、バンプラバー(アディショナルスプリング)、ブーツとも砕けて見る影も無くなっておりました。
20140615 482

取り外したショックアブソーバーAssy分解致します。
20140615 486
964RSのアッパーマウントは、ピロアッパーで、バネは線径が細く、レートもそれほど高くありません。

リア側は、辛うじて残骸は残っているような状態でしたが、バンプラバー、ブーツともボロボロでした。
20140615 490

964RSの純正ビルシュタインは、リアはオーバーホール可能ですが、フロントはオーバーホールできるタイプではありませんので、ノーマルのケースを使用し、インナーを製作して対応致します。
フロントは、ノーマルの正立式からカップカーと同様の倒立になります。
20140615 523 20140615 525
砕け散ったバンプラバー、ブーツは新品に交換して組み付けます。

ショックAssyを車体に取り付け、車高を調整、アライメントを調整致します。
20140615 533
車高を変更しなければ極端に、アライメントの数値が変わる事はありませんが、フロントは、キャンバー調整のエキセントリックボルトを外しますので、調整が必要となります。

最後に、いつものワインディング、高速を混ぜたルートで試運転を・・・・。
964RSは、エアコン、パワステ、パワーウインドウの快適装備はついておりません。
さすがに夏場の日中は、乗るのが億劫になるので、土曜日の朝、7時頃から試運転致しました。
朝7時頃だと弊社近郊だと20度前後なのでエアコンがなくても大丈夫です。

いや~、しかし、964RS楽しい車です。
60キロ以下でトロトロ運転だと突き上げのキツイ足、室内に入ってくるロードノイズ、メカニカルノイズで、運転するのが苦痛以外の何者でもなく、歳をとってくると過酷な仕事場なのですが、80キロ以上だと全てが、ピタッと安定し始め楽しい仕事場へ変化いたします。乗る度に、軽量、コンパクトで剛性のあるシャーシ、トータルバランスの重要性を実感させられますね。

投機目的ではなく、運転を楽しまれる方に所有して頂きたい車ですね。

有難うございましたm(_ _)m。
スポンサーサイト

2014.09.02 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。