上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
毎度有難うございます、ポルシェ専門修理工場店主でございます。

週明けると12月・・・・・、時の速さに取り残されております・・・・。

さてさて、水没した携帯も無事、新品になりました。
20140615 716
早速、ステッカーチューン・・・・。

半年位前に、スマホからガラケにしたんですが、無くなって初めて分かるスマホの有難さ・・・・・。

まず、ガラケ・・・、文字が小さくて読めません(((p(≧□≦)q)))

ナビ・アプリが無くなって自分の方向音痴がハンパ無いことを思い知らされました・・・・。

先日のことなんですが、定休日にバイクで和歌山方面へ走りに行きました。
『 バクダット 』というバイク、車趣味人が集まるカフェへ、一杯のコーヒーを飲むためだけに、いつも和歌山へバイクを走らせているのですが、先日は、少し寄り道をして高野龍神スカイラインを経由して行こうとしておりました。

いつもならスマホのナビ・アプリの音声ガイダンスを頼りに行くところですが、ガラケなので、事前に地図を見て、ルートを確認、『 阪和道海南東IC降りて、R370、R480、R371、R425、R424、バクダットで遅めのランチ後、R424、R22、阪和道有田IC 』と何度も頭の中で復唱しておりました。

日没までには、帰宅する予定で出発したのですが、高速以外の至るところで片道通行が多く、想像以上に時間がかかって時間がかなりおしていたので、トイレ休憩以外、ノンストップ、飲まず食わずで、バクダットを目指しました。
高野龍神スカイラインでは、急に雲行きが怪しくなり、新品になった携帯がまた水没するのかとドキドキいたしましたが、景色が良く、気持ちよいワインディングを楽しむことも無く、すばやく通過し、バクダットがあるR424にのることができ、『 もう直ぐ暖かいコーヒーが飲める。』と一安心・・・・・。この時点で、午後2時を過ぎていたように思います。

途中、道路標識に、『 阪和道 』の案内が出てきたので、道は間違ってないと確信しておりました。

しかし、行けども行けども、バクダットに到着するどころか、峠道の途中にバクダットはあるのに、何故か、開けた川沿いの道が出てきて、その時、『 阪和道 みなべIC 5キロ 』の標識が・・・・・。

『 みなべって何処? 有田じゃないの? 』
とりあえず、近くの道の駅に入って現在地を確認すると驚愕の事実を思い知らされたのでした。

バクダットへ行くには、R424を北上しなければならないのに、何を勘違いしたかR424を只管、南下していたのでした。
この時点で、午後4時前で、辺りも薄暗くなってきており、ここからまた来た道を戻る気力もなく、大人しくみなべICから岐路に着きました。朝から、9時間弱、飲まず食わずで450キロ・・・・。
この時ほど、スマホをガラケにしたことを後悔したことはありません・・・・・。
そもそも、知らんとこ、行くんやったら地図くらい持っていけよって感じですね・・・・。

さてさて、非常に前置きが長くなってしまいましたが、サイドブレーキの効きが悪いということで入庫致しました、996GT3でございます。
お友達に運転を委ねて高速を爆走されておられた途中、リア廻りからの、“ シャラシャラ♪ ”という異音に気がつき、ふとサイドブレーキのレバーを確認すると、戻し忘れて、結構な距離を爆走されておられたとか・・・・。
その後、サイドブレーキのレバーがありえない位、上がり、サイドブレーキも利かなくなってしまったとか・・・。

20140615 695
確かに、あり得ないくらいレバーがおったっちゃってました・・・。

早速、リアディスクローターを外し、サイドブレーキシューの状態を確認してみました。
20140615 698 20140615 699
みごとに、シューが無くなり、ベースのみの状態になっておりました。
ディスクローターを外した時に、剥離したシューの残骸も一緒に出てまいりました。

反対側のシューは、ベースから剥離はしていないものの、炭化して今にも剥離しそうな状態でした。
20140615 700

その他の部分に、影響が出ていないか確認して、シューとコンプレッションスプリングを交換致しました。
20140615 710 20140615 713

ディスクローターを取り付け、サイドブレーキの調整を行い、作業完了です。
通常、4ノッチでフルロックするように調整いたします。

ついでといってはなんですが、最近のサイドブレーキに関する修理でございます。

まず、964カレラ4・・・・。
ご自身で、ユーザー車検を受けに行かれたそうなんですが、検査官が下廻りを点検している時に、“ カンカンキンキン♪ ”って音がして、その後、サイドブレーキを戻しても、引きずっているような感じで、レバーも今までよりも上がるようになったとか・・・・。
ディスクローターを外してみると・・・・、
20140615 641 20140615 643
コンプレッションスプリングが破損しておりました。

検査官が下廻りを点検している際の“ カンカンキンキン♪ ”って音は、ハンマーで、足廻りの主要な取り付けボルトを叩いて緩みや損傷が無いか確認している時の音で、コンプレッションスプリングがついている箇所は、奥まっているところで、ダイレクトにハンマーがあたることは考えにくいので、おそらく金属疲労で破損したと考えられます。
新しいパーツは、若干、スプリングの線径が太くなっておりました。

続きまして、987ボクスター・・・・、
中古車を購入されたとかで、購入した時から、サイドブレーキの利きが悪く、引きずり気味だったとか・・・・。
IMGP0249.jpg IMGP0251.jpg
こちらもコンプレッションスプリングの破損が原因ですが、距離、年数から考えて、金属疲労とは考えにくく・・・・、
ホイールスペーサーが装着されて、それに合わせてロングボルトに変更されておりましたが、何らかの事情で、ホイールスペーサーを外し、ロングボルトのまま、車を動かしてしまったとか・・・・、あくまで推測ですが・・・・。

サイドブレーキは、あくまで駐車時に使用する事が目的ですので、減速、停車させるための物ではありませんので、コンプレッションスプリングもそれ程強くありません。サイドターンや直ドリさせる為に、使用するとコンプレッションスプリングが破損したりする場合もありますので注意が必要です。

さてさて、明日29日(土曜日)ですが、午後は工場を留守にしております。
電話もつながらない可能性もありますので、お急ぎの方は、留守電にメッセージをお願い致します。

有難うございましたm(_ _)m




スポンサーサイト

2014.11.28 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。