上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
毎度有難うございます、ポルシェ専門修理工場店主でございます。

いや~、頭が痛いです・・・・。

確定申告の受付は、既に始まっておりますが、弊社は、まだPCへの伝票の打ち込み作業がまだ終わらず・・・・。
昨年、パソコンが壊れて新しいのを導入したのですが、USBメモリーにバックアップをとっていたつもりが、途中までしか入っておらず・・・・。昨年からの数字のつながりが滅茶苦茶な状態になっております・・・・・。

毎日、営業を終えてから数時間、定休日の水曜日に、必死のパッチでやっておりますが、頭がパンク状態になってまいりました。

ブログも放置しっぱなしで、楽しみにしていただいているお客様に申し訳ないので、気分転換に前回のストーンガードフィルムを張り替えた993カレラSの続きの作業をアップしたいと思います。

路面の悪いところを走行したりすると、フロント廻りからバリバリと何かすったような音がするとのことでしたので、点検いたしましたが、特に、どこか強烈にすっているといった感じではありませんでしたが、試運転させていただくと確かに、路面のギャップなどでフロントが沈み込むような時に、一瞬、なにかすったような音がでておりました。

フロントショックを確認してみますと・・・・、
20140615 1133
バンプラバーが砕けてしまっておりました。
バンプラバー(アディショナルスプリング)は、名称の通り、スプリングの補助的役割をもっておりますので、バンプラバーが砕けたり、劣化したりすると必要以上に、ショックがストロークすることになります。
ポルシェのノーマルスプリングは、想像以上に柔らいレートのものがついているので、バンプラバーは、非常に重要な役割をもっております。

バンプラバーが砕けてしまっている場合、ショックアブソーバーも終わってしまっている場合が殆どです。

早速、フロントから取り外して点検致しました。
20140615 1143 20140615 1147
バンプラバーは、砕けて、殆どが消え去り・・・・・団子3兄弟のお兄さんだけ状態でした。

20140615 1148
距離は、35,000㌔弱ですが、フロントショックを抜けてしまってスコスコでした。
今回は、倒立タイプのビルシュタイン・ショックに交換です。
ちなみにノーマルは、モンロー製です・・・・。

20140615 1155
画像では分かり難いかもしれませんが、アッパーマウントもヘタっておりましたので同時交換させて頂きました。

20140615 1161 20140615 1166
新しいビルシュタインショックにノーマルスプリングを組み込み、取り付けます。
今回の取り付けた倒立式のショックは、オーバーホール可能ですし、車高調整式ですので、今後の様々なバージョンアップにも対応可能です。

リアショックもフロント程では無いですが、バンプラバーも劣化しておりました。
20140615 1181 20140615 1184

20140615 1190 20140615 1191
リアもアッパーマウントを同時交換させて頂き、ノーマルスプリングで組み込みました。

20140615 1201
リアショックは、ノーマルの車高非調整式に対して、ビルシュタインは、車高調整式でオーバーホールも可能です。

20140615 1195 20140615 1199

アッパーマウント等の劣化もあり、車高が若干下がり気味になっておりましたが、アッパーマウント、ショック交換により本来のノーマル車高にもどりました。
アライメントを点検調整、ヘッドライトの光軸も点検調整して完了です。

作業前の下がった車高の方が、見た目はカッコいいとは思いますし、車庫調整式ですので、下げることももちろん可能ですが、ノーマルスプリングでの車高ダウンは、お奨めできませんので、ユーザー様には、とりあえず、ノーマル車高でお楽しみ頂ければと思います。
車高を下げる場合は、それに見合うスプリングへの交換をお勧め致します。

作業終了後、いつもの高速とワインディングを混ぜたコースで試運転させて頂きました。
当然のことながら、スコスコに抜けていたモンローショックと新品のビルシュタインでは、車の安定感が違います。
ノーマルスプリングですので、ゴツゴツ感もありませんし、乗り心地も悪くありません。

さてさて、今回の993カレラSですが、大変綺麗な御車で、手の入るところは、磨かれておられたとかでピカピカです。
20140615 1227 20140615 1205
画像では、あまり上手くとれてませんが、マフラーも顔が映るくらいピカピカに磨かれておりました。
ユーザー様の愛情を非常に感じる御車で、メンテナンスさせていただいている私と致しましても大変嬉しく思います。

これだけ綺麗だと乗るのが勿体無いような気もするかも致しませんが、そこはポルシェ・・・・、しかも6速MTですので、ガンガン走らせてなんぼですので、走りも楽しんで頂ければと思います。

さてさて、先日のことですが、栃木県在住で996GT3にお乗りのお客様がご来店くださいました。
お仕事で、明石まで来られたとの事・・・・・。

明石からは、タクシーで弊社にご来店くださったのですが、弊社のブログをいつも見ていただけてるとの事・・・・。
地域密着型の弊社のブログを遠方のポルシェ・ユーザー様にも見ていただけているなん光栄です。
996GT3では、ツインリンク茂木で、サーキット走行も楽しんでおられるとか・・・・。
ポルシェだけでなくて、バイクに、ギター、共通の趣味のお話で、楽しい時間を過させて頂きました。

今思うと、結構、長い間、お話させて頂いたのですが、寒い工場の中、立ち話で、大したお構いもできなくて失礼な事をしてしまったなと、ただただ反省・・・・。

最近、メールとか電話での問い合わせ等で、少し嫌な思いをしてテンション駄々下がりの日々だったのですが、直接、お会いできて、楽しくポルシェの話や色々なお話ができて凄く嬉しかったです。

私もバタバタしているときは、ついつい電話の場合、ぶっきら棒になってしまうかも知れませんが、基本、唯のポルシェ好き、レース好き、バイク好き、音楽好き、ギター好き、おねーちゃん好きのオッサンですので、包み隠さず、なんでも話してしまいます。

ただ、フリーメール、アドレスで、名前だけとかの場合とか、問い合わせに対してのお返事をしないこともありますし、非通知での電話とかは基本でませんので、ご理解頂ければと思います。

有難うございましたm(_ _)m

スポンサーサイト

2015.02.25 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。