上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
毎度有難うございます、ポルシェ専門工場店主でございます。

新年、一発目のブログです。

いや~、しかし、寒いです。寒すぎます・・・・((((;゚Д゚))))。

弊社工場、日当たりは良いので、太陽さえ出てくれれば、日中は何とか耐えれるのですが、
太陽が隠れていると極端に寒くなります。
事務所は暖房(エアコン)かけてますが、底冷えが激しくて、足冷たいです。
足だけでなく、キーボード打ってる指も冷たいです。

おそらく、朝一は工場内、5℃以下だと思います。
工具もキンキンに冷えてます・・・・((((;゚Д゚))))。

あ~、春が待ち遠しいです(¬з¬)。

さてさて、助手席にチャイルドシートをつけたいので、ISOFIXとエアバックキャンセルスイッチを取り付けてほしいということで入庫いたしました987ボクスターです。

IMG_0928[1]


ちなみに、ISOFIXとは・・・・、

SOFIX(アイソフィックス、イソフィックス、アイエスオー・フィックス)とは、自動車の座席にチャイルドシートを固定する方式の国際標準規格。 日本ではISO-FIXの表記も見られる。 チャイルドシートの固定にはシートベルトを使うが、誤使用により固定が図られず事故が多発していることから設けられた。

というものです。

ISOFIXと助手席にチャイルドシートを取り付けた際に、助手席のエアバックが作動しないようにする為のスイッチがメーカーからオプションとして出ております。

取り付けは、結構、メンドクサかったり致します・・・。

とりあえず、助手席を取り外して、ISOFIXを取り付けます。

ISOFIXとは、↓ のような物です。

!cid_8C5BBF765A254A42A7E51E1C5C2A440B@UserPC.png

助手席を外して、座面の後ろ側のフレームに取り付け致します。

IMG_0908[1] IMG_0904[1]

前から見ると、座面と背もたれの間からチャイルドシート取り付けようのブラケットが出てまいります。

IMG_0926[1] IMG_0927[1]

セットに入っている、『 何じゃこれは? 』的なパーツ・・・(。´・ω・)?。

IMG_0907[1]

写真では、何処についているか判り難いと思いますが、兎に角、手が入らないところなので、ラジペン使って、“ イ~! ”ってなりながら取り付けました(ノ`◇´)ノ。

IMG_0919[1] IMG_0921[1]

どうやら、背もたれの動きを抑制する為のもののようですが、取り付けても、背もたれは調整可能です。

ISOFIXの取り付けは、これで完了です。

続きまして、助手席側のエアバックのキャンセルスイッチの取り付けです。

スイッチが付いた後の画像ですが、ドアを開けるとダッシュボード横にスイッチが見えます。

IMG_0923[1]

スイッチとパネルはセットに入ってます。

スイッチ用のハーネスを取り付けるためグローブボックスを取り外します。

IMG_0905[1]

グローブボックスを取り外すと紙テープで巻かれたフリーの黄色いカプラーがありますので、そこにスイッチからのハーネスを取り付けます。

IMG_0909[1] IMG_0910[1]

助手席側のエアバックをオフになっている事を知らせる為の警告ランプも取り付け致します。

IMG_0918[1]

↑の画像は、取り付け完了後の写真ですが、取り付けの為、センターコンソールを取り外します。
裏側にスイッチ取り付け用のスペースがありますので、ラインどおりに切り取りランプを取り付けます。

IMG_0913[1] IMG_0915[1]

ランプからのハーネスをセンターコンソールの集中コネクターの空きスペースに差込ます。
後は、元通りに組んで行きます。

IMG_0916[1] IMG_0917[1]

取り外した部品の組み込みの完了後、ポルシェ専用テスターでエアバックのコーディングを致します。

IMG_0924[1] IMG_0925[1]

最後に、作動チェックを行い完了です(`・ω・´)b。

ボクスターの助手席に座るお子様が、男の子か女の子か伺うの忘れてましたが、そのお子様が、大人になられた時に、きっと風を感じて走られた事が、記憶の片隅に残っていると思います。

私の父親もかなりの車好きで、父親の助手席でドライブした時に、ワクワクした感覚が、今でも記憶の片隅に残っております。
私も車が好きになり、今の仕事をしているのは、間違いなく父親とのその時にワクワク感が記憶の片隅に残っていたからだと思います。

私の記憶に残っている初めてのお使いは、たぶん、2、3歳だったと思うのですが、当時住んでいた市営住宅の下の本屋さんにカーグラフィックを買いに行った時だと思います。

この時の記憶は、今でも鮮明に覚えておりますが、1,000円札とメモを渡され、何度も何度も、
『 カーグラフィックください。』という台詞を父親と練習いたしました。

無事、購入でき自宅に戻ったは、良い物の発売日を間違えていて、既に購入済みの号を買って帰って、父親が返品しに行ったというオチでしたが・・・・(´Д`ι)。

お話したい車にまつわる、色々な楽しい記憶がありますが、それはまた、次の機会にでも・・・・。

有難うございましたm(*´Д`)m。












スポンサーサイト

2017.01.24 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。