上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
毎度有難うございます、ポルシェ専門修理工場店主でございます。

毎日、暑い日が続いておりますが、皆さん、体調は崩されてませんでしょうか・・・・。

さてさて、パワーステアリングオイル漏れで入庫致しましたケイマンで御座います。

P1110006.jpg P1110008.jpg
リフトアップしてみますとアンダーカバーの前から後ろまでベトベトでした。
滲みではなく、結構漏れているようですね。
アンダーカバーを外して見てもステアリングギアボックス廻りが漏れたオイルでコテコテで漏れている箇所が解り難いですね。

コテコテのギアボック廻りを洗浄して漏れそうな箇所をミクロチェックを吹き付けて点検してみました。
P1100355.jpg
パワーステアリングオイルラインからの漏れでした。
しかし、漏れている箇所が何とも歪な形になっているのが気になります。

早速、オイルラインを交換いたします。

こちらのケイマンですが、右ハンドルですので、オイルラインも右ハンドル用・・・・。
ドイツにも在庫無しで、納期が全く読めず、お客様には大変ご不便をお掛けしてしまいました。

こちらのケイマンは987の初期モデルですが、これ位の年式のモデルでもドイツにも在庫がないパーツが偶にあります。ドイツにも在庫が無い場合は、PCでもはっきりとした納期が解らないので困ったものです。

しかも最近、ポルシェ純正パーツでもMade in Chinaがあったり・・・。
Made in Chinaが特に問題あるとは思いませんが、品質管理に一抹の不安が・・・・。

先日、ウォーターポンプを交換した996・・・、一年半前に交換して1万キロ走行で駄目になるし・・・。

ネットのニュースか何かで見た、ポルシェの新車の販売の一台辺りの利益率が他社に比べると良いなんて記事を見ると各部かなり努力して?コストダウンされているのかなと思ったりも致します。

7月に部品の値段の改定がありましたが、約10%アップ、10万位値段が上がっているものもあります。
その他諸々・・・・、色々ありますね。

作業の方ですが、ラインの交換ですが、フューエルタンク、ボディとのクリアランスの関係でステアリングギアボックスを外す工程とほぼ同じ工程を行わなければ交換できません。
P1110016.jpg P1110015.jpg
クロスメンバーの取付ボルトを外して、半降ろし状態でギアボックスもフリーに致します。

そんなこんなで取り外してオイルライン・・・・。
P1110014.jpg
漏れている箇所はスチールパイプですので通常漏れてくることは考え難いのですが、よく見ると漏れている箇所だけロウ付けで肉盛されておりました。
どうやらこちらのお車、フロントの修復暦があるそうでその際、損傷して部品を交換せずに修理したのかもしれませんね。ドイツにも部品がなく納期が読めないからそうしたんでしょうか・・・。

ということで、もう一本ラインも漏れてはいませんでしたが心配なので同時交換させて頂きました。
P1110013.jpg

部品到着までオイル、タシタシで大変ご不便をお掛けいたした。
ケイマン、ボクスターは、パワステオイルを足すだけでも非常に面倒です。

これで安心して乗って頂けると思いますm(_ _)m。
有難うございますm(_ _)m。

さてさて、弊社のお盆休みですが、未だ思案中でございます。

しかし、11日(日)はお休みをいただきたいのです。

何故かと申しますと・・・。

舞洲で行われます“ サマーソニック 2013 ”に彼ら、メタリカ、がやってくるのです。



2006年のサマソニの来日の際は観に行ってまいりました。
あれから、もう7年もなるんですね。

アーティストも観る方も歳とって来ているんで、次があるのかなんてわからないのが正直なところ・・・。

私のフェイバリットギターリストの故ゲイリー・ムーアの時がそうでした・・・。
久しぶりの来日公演を逃し、次こそはと思っていたら他界してしまいました・・・。

そうなると11日(日)~16日(金)までお休みをいただく案が濃厚か・・・・まだ未定です。


スポンサーサイト

2013.08.03 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。