上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
毎度有難うございます、ポルシェ専門修理工場店主でございます。

いや~、ブログ、一ヶ月以上放置しておりました・・・・。

お客様からも『 更新してないやん・・・。』とお電話頂き、誠に有難うございます。
ネタは、貯めてあるのですが、ついつい『 明日でいいじゃん・・・ 』という悪魔の囁きに負けてしまい・・。
気が付けばブログのトップはスポンサー様のCMになっておりました。

先月は、私的な事で色々ございまして、仕事も定休日以外にお休みを頂、お客様にはご迷惑をおかけいたしまして、申し訳有りませんでした。
10月だというのに気温も30度越えが続いたり、体は秋だと思っているのに、実際の気温は、そうではなく、何とも体が変な感じでございます。

皆様も体調管理には十分、お気をつけてくださいね。

さてさて、先日の水曜日、定休日でしたので、以前から興味があったドライビングシュミレーターに乗ってまいりました。
関東方面には、何軒か、このシュミレーターを置いておられるお店があるのですが、
『 東京バーチャルサーキット 』というお店の大阪店が出来たということで行って参りました。

大阪店とはいえ、所在地は西宮にございます。

東京店の方は、フォーミラー型のシュミレーターと箱型のシュミレーターの2機ございます。
箱型のシュミレーターは996GT3 Cupのボディをリアセクションをカットして製作されたものです。

大阪店は、フォーミュラー型のシュミレーター1機のみですが、マシンの種類、コースもかなり種類があり、その中から自分がトレーニングしたい内容にあわせてマシン、コースを選択することが出来ます。

私は、マシンは996GT3で、コースは岡山国際サーキットを選びました。
996GT3を選んでもシュミレーターはフォーミューラー型なので、ハンドルの切れ角もフォーミュラータイプですし、シフトもパドルです。
ブレーキは、2ペダルで左足ブレーキで操作することになります。

1392021_533127123448040_648171831_n.jpg

私、正直、ゲームの延長線的なものとナメておりました。

しかしながら、シュミレーターをスターとさせてすぐに、不慣れな3Dの画面に酔ってしまいました。
東京バーチャルサーキットの注意書きに、『40代、50代以上の方は、酔い止めの薬の服用をお奨め致します。』と書いてあったのを大丈夫だろうと過信していたのです。

あとブレーキがマスターバック無しの設定になっており、尚且つ、左足ブレーキで操作することに中々感覚が掴めず、左足ブレーキ自体はカートの経験もあるのでそれ程、問題ではなかったのですが、兎に角、ペダル操作が重く、不慣れな事もあるとは思いますが、実車以上に体力を消耗いたしました。

初シュミレーター体験は、3D酔いも有り、あえなく15分で撃沈いたしました。
ドライビングシュミレーターはドライビングジムだと思いました。

ドライビングシュミレーターとプレイステーションなどのゲームの大きな違いは、やはり、走行データーを元にインストラクターの的確な指導を受けれるところだと思います。

たった15分の走行にも関わらず、私のドライビングの悪い癖を素早く見抜き、指摘、アドバイスを頂きました。

30分のトレーニングで1万円と高いように思うかもしれませんが、実車で練習するコスト、リスクを考えると決して高いとは思いませんでした。

東京店は、プロレーサーの砂子塾長氏がインストラクターで、大阪店は、鈴鹿でのフォーミュラー経験もある店長さんがインストラクターとなっております。

ドライビングテクニックに自信がある方もそうでない方も、一度このシュミレーターの体験をお奨め致します。
その際は、酔い止め薬の服用をお忘れなく・・・。

一応、大阪店にもGT3型を置いてほしいと店長さんに懇願しておきました。

では、砂子塾長のニュルブルクリンクのデモを御覧下さい。

有難うございました。

スポンサーサイト

2013.10.11 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。