上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
毎度有難うございます、ポルシェ専門修理工場店主でございます。

ここ数日は、お天気も良く朝晩は冷え込みますが、日中はポカポカ陽気で過ごし易いですね。

しかし、何となく最近、日が暮れるの速くないですか?
3時位になると何となく薄暗くなってきて風が急に冷たくなって来ているような気がするんですけど・・・。

さてさて、純正ビルシュタイン・ショックアブソーバーのオーバーホール他で入庫致しました996GT3で御座います。

IMGP0002.jpg IMGP0001_20131205121606b9a.jpg
GT3はノーマルでビルシュタインのダンパーにH&Rスプリングの組み合わせです。
フロントはピロアッパーマウントですが、リアはラバーアッパーマウントです。

GT3はそのままサーキットへ持っていっても十分な位のセッティングがされておりますが、距離、年数によってダンパーもオーバーホールが必要になってまいります。
GT3の純正ビルシュタインは、フロント、リアともオーバーホールが可能なタイプですので、社外品のダンパーに交換するよりリーズナブルにお好みに応じたバージョンアップも可能です。

足回りをばらす前に、現状を確かめる為、高速、ワインディングを混ぜたいつものコースで試運転してみました。
ポルシェって普通に街中乗っている限りは足回りのへたりって解り難いです。
こちらのGT3も下道を走っている限りでは、それ程、ヘタリは感じられませんでしたが、高速道路で路面の継ぎ目などが連続するようなところでは、リア側の落ち着きが悪いように感じられました。

アライメントを含めた現状を確認後、ダンパーをオーバーホールする為、そそくさと外してまいります。
IMGP0008.jpg IMGP0012.jpg
車両からショックアッセンブリーを外した後、スプリング等付属品を外します。

こちらのGT3、クラブスポーツなのでロールバーが標準装備されております。
フルバケも標準装備です。
リア側のショックを外す場合、室内のリアシートの奥側にアッパーマウントの取り付け部が有るのですが、ロールバーが有る為、ジャングルジムを潜るかの如く、アクロバチックな体勢で作業しなくてはならないので、唯でさえ経年劣化で硬くなっている体が寒さでさらに硬くなっているので老体にはかなり厳しかったです。
IMGP0010_20131205123605c1b.jpg IMGP0011_20131205123633b80.jpg

IMGP0016.jpg
オーバーホール、仕様変更が出来上がった純正ビルシュタインです。
ユーザー様は、GT3を街乗りからサーキット走行まで御使用されるとのことですので、今回、バネも交換する事になりました。バネレートに合わせた減衰力への変更と減衰力12段階調整を行えるようにバージョンアップ致しました。

IMGP0019_20131205124207236.jpg IMGP0017.jpg
オーバーホール、仕様変更が出来上がったダンパーに新しいバネ、アッパーマウント等付属品を組み付けます。
バネは今回、ハイパコを使用致しました。
アッパーマウント、バンプラバー等は再使用致しました。

IMGP0024_20131205124600047.jpg IMGP0020_20131205124632d12.jpg
車両に取付完了です。
純正H&Rの赤も良いですが、ハイパコブルーもレーシーです。

IMGP0027_201312051249118dd.jpg
車高は、ノーマルと同じに合わせております。
車高調整後、アライメントの調整を行います。

IMGP0028_20131205125126c48.jpg IMGP0030_2013120512524133e.jpg
減衰力の調整は、フロントはショックの下側、リア側はアッパーマウント側にノブが有ります。
リア側は、カーペットを取り付けると調整ノブが隠れてしまい、調整の度にカーペットをめくらなくてはいけないので、カーペットを取り付けたまま調整できるよう延長ケーブルを取り付けました。
IMGP0032_201312051255123c0.jpg

アライメント調整終了後、高速、ワインディングを含めたいつものコースで試運転致しました。
サーキットも走行されるということでバネレートも上げておりますが、乗り心地も悪くなく、いや逆に純正よりよくなったような気も致しますが、それでいてオーバーホール前に感じていた落ち着きの無さも無くなり、シッカリ踏ん張ってくれるので安心してアクセル踏んでいける仕様になったと思います。

さてさて、こちらのGT3のご依頼の作業、まだまだ続きます。

話は変わりますが、先日、弊社から車で20分位の所に新しいレーシングカートコースが出来たと案内状を頂いたので見に行って参りました。

『 神戸スポーツサーキット 』正式なオープンは、来年からだそうです。
2013-11-29 12.37.05
コースは既にできており、プレオープン走行会も行われておりました。

こちらのコースの運営は、神戸では老舗のカートショップ“ ナガオカート ”さんが運営されておられます。私もカートをしていた時、ナガオカートさんにお世話になっておりました。

コースを見に行った日も長尾社長自らコースオープンに向けての準備をされておられましたので、コースを徒歩で1周まわらさせて頂きました。
2013-11-29 12.21.25 2013-11-29 12.29.44
全長950m弱、コース幅も広く、なかなかチャレンジしがいのあるレイアウトでした。

歳とともにカートのグリップ、Gに体が耐えられなくなり、マイカートも手放してしまいましたが、このコースならもう一度、カートをしてみたいと思いました。
阪神高速北神戸線・布施畑東インターから1分と立地条件も良いですし、ナガオ社長が拘りを持って造られたコース、ほんと良いコースですので興味のある方は一度覗いてみてください。
レンタルカートにも力を入れられるそうですから仲間でレンタルカート耐久レースなんてのも手軽で楽しいとおもいますよ。

有難うございましたm(_ _)m




スポンサーサイト

2013.12.05 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。