上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
毎度有難うございます、ポルシェ専門修理工場店主でございます。

前回の987ボクスターの車検整備の続きでございます。

走行距離46,000キロで初めてのATFの交換でございます。
ボクスター(986、987)は、ミッションの下にクロスメンバーパネルという大きなアルミのパネルがついております。ATFの交換をする為には、まずこのパネルを外さなければなりません。
IMGP0066.jpg IMGP0067.jpg
ちなみに、ATFの量を確認するだけでした丸いサービスホールから確認できますので外す必要はございません。

IMGP0068.jpg IMGP0076_20131221151921bd3.jpg
46,000キロで初めての交換ですから、予想通りの汚れ方です。

IMGP0072_20131221152209727.jpg
オイルパンには磁石が6個ついておりまして、AT内のスラッジ等を吸付け?ます。

IMGP0071.jpg IMGP0075_20131221152546937.jpg
ATフィルターも同時交換です。

IMGP0079.jpg IMGP0083.jpg
新しいATFを入れ、ATF温度が40度前後で量の調整を致します。

さてさて、エンジンオイルも前回の車検から2年間交換されてないとの事・・・・。
IMGP0058_20131221153851017.jpg IMGP0060_2013122115391909b.jpg
2年で13,000kmですが、ディーゼルエンジンですか?って汚れです。
1年もしくは、1万キロまでに交換いたしましょう!こちらの希望と致しましては5,000㌔毎ですが・・・。

IMGP0061.jpg IMGP0062.jpg
エンジンオイル交換2回に1回はフィルター交換も交換です。

Pic051.jpg フィルターに小さな金属片が付着していたら要注意です。※他車の写真です。

ブレーキオイルも2年毎の交換を推奨致します。
IMGP0065.jpg IMGP0063.jpg
リザーバータンク内のオイルだけではなく、加圧してライン内、キャリパー内のオイルも交換いたします。
通すだけの格安車検やユーザー車検で何年もブレーキオイル交換して無いって車、たまに有りますが、ABSユニット内部や、キャリパー内部が腐食してしまう事もありますので注意が必要です。

ボクスターってエンジンルームを上から見るのって以外と面倒だったり致します。
でも、上からしか点検できない物もあります、エアエレメントとかパワステオイルとか・・・。
IMGP0044_201312211620049f6.jpg IMGP0046_20131221162032d1f.jpg
おそらく一度も交換されていないと思われるエアエレメント・・・・。
エンジンカバー、開かずの間の扉の如く、固着気味で結構硬かったです・・・・。

上記の事は、特別なメンテナンスではなくて、どれも通常のメンテナンスで愛車を長く大切に楽しむ為には必要不可欠なものです。どれも直接的に目に見える所ではないですが、大切なところです。

外観、ピッカピカだけど、機関、ガッタガタって車、たまに怪しげな中古車屋さんにならんでたり致しますが・・Σ(;゚ω゚ノ)ノ


壊れてから修理するか、壊れないようにメンテナンスするかは、ユーザー様の判断されるところではありますが、過剰整備にならないように、でも、した方が良いところは、ご提案させて頂くというのが、弊社のようなポルシェを専門的に扱っておられるショップさんだと思います。

『 今、調子いいから大丈夫、次の車検の時にするから・・・。』といって結局、4年、オイル交換されていないお車もありますが、ちょっとした積み重ねがボディブローのように効いてきますよ・・|||-_|||・・・・・

さてさて、弊社の年末年始のお休みですが、前のブログで、暫定でご案内させて頂きましたが、
12月29日(日)~1月5日(日)お休みを頂きます。

ちなみにPJ、PC、28日(土)からお休みだそうです。
来年、1月3日からはポルシェのパーツ(ポルシェ・ジャパン)、またまた値上げだそうです。
円高になっても値段は下がりませんが、円安になるとリニアにレスポンスよく反応するのでしょうか・・・。

有難うございましたm(_ _)m。


スポンサーサイト

2013.12.16 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。