上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
毎度有難うございます、ポルシェ専門修理工場店主でございます。

ポルシェ専門と謳いながらもポルシェ以外も整備修理いたしております。 ※アメ車は以外

高速道路で、100キロ以上出ないということで入庫致しました、ベンツV280です。

色々とトラブルが多いといわれるベンツV230、V280でございますが、それでも根強いファンが多い車で御座います。日本車のこの手のカテゴリーの車と比べますとシンプルで、それでいて多彩なシートレイアウト、トラックのような乗り心地だという酷評もございますが、運転していて意外に楽しく、疲れないクルマです。

さてさて、今回、お預かりいたしましたV280でございますが、今まで正規ディーラーでのフルメンテをされてきたお車で、ウィークポイントとされるところも一通り手が入っておりました。
弊社にお持込になられる前も正規ディーラーへ点検修理に出しておられたとか・・・・。

正規ディーラーでの診断結果は、エアフロメーターの不良だということでエアフロメーターを交換されたとか、しかしながら症状は改善されず・・・・。
次、触媒が詰まってそうだから、触媒を交換を薦められたとか・・・・。

触媒、新品で40万円近くするそうで・・・・。
ということ一旦、正規ディーラーさんから引き上げてこられたとか・・・・。

『 気に入っているクルマだけど、あまり高額になるようだったら手放すことも考えているので、ラボさんに判断を委ねたい。』っとユーザー様・・・。

修理屋冥利尽きるお言葉でございますが、同じクルマを数多く修理されてきておられるディーラーさんが判断を見誤る案件をメルセデス専門ではない私ができるのでしょうか・・・・と一抹の不安を持ちつつも・・・。

とりあえず、ユーザー様が仰っておられる症状を確認する為、高速へ試運転へ出かけました。

『 下道では、いたって普通です。』とのユーザー様のお言葉通り、特に調子が悪いとかって感じはありません。

高速に乗っても、平坦な道でしたらス~っと100キロ近くまで加速していきました。
ところが、ほんの少し上りになってきたところで100キロ近くから80キロ近くまで速度が落ちていき、アクセルを開けてキックダウンさせるも4,000回転以上回らず、当然の事ながら速度も伸びず・・・。
途中、左から合流してきた高速バスを追い越そうと追い越し車線にでるも車速が伸びず、走行車線に戻ってしまうという位、緩やかな上り坂でも回転が上がらない為、車速も伸びないといった感じでした。

しかしながら、道が平坦になると100キロ以上でるという繰り返し・・・・。

ユーザー様の言われている症状がわかったので工場へ戻って各部点検致しました。

ダイアグノーシステスターでフォルトメモリーを点検しても特に何も残っておらず・・・、

停止状態では、燃圧も特に問題なく・・・・。
ユーザー様は、燃料ポンプは今まで交換した事がないので、燃料ポンプの不具合も考えておられました。

停車状態の空ぶかしでは、5,000回転位までスムーズに上がり・・・・。
満タン給油時とそうでない時の空ぶかしでの回り方が違ったというユーザー様のお話もありましたが・・・。

特にミスファイア起こしている感じでもなく、イグニッションコイルも1万キロ前に交換されておられますし・・・。
エアフロも、ディーラーさんで交換したばかり出し・・・。

ただ、キックダウンさせた時に、ノッキングしているのが気になり・・・・。

と頭の中でグルグルと考えながら・・・・・。
やはり、一番怪しいのは触媒の詰まりか~と考え・・・・、

タラララッタラ~♪ 『 簡易触媒詰まり検査機~♪ 』 ※ドラえもん風に

IMGP0066_20131222143808443.jpg IMGP0061_201312221438525a8.jpg
ラムダセンサーを外し、圧力計を接続致します。
触媒の詰まりが無ければ、アクセルを開けた時、開けた瞬間は、若干正圧側に針がふっても、ほぼ0付近を指す筈です。

IMGP0061_201312221441345ab.jpg IMGP0065_20131222144207bd8.jpg
3000回転位まで回転を上げました、圧力計の針は、見事に振り切らんとばかりの勢いで正圧側に・・・。

ユーザー様に、点検の結果と触媒の詰まりの可能性が高い事をお話させて頂きました。

新品は、あまりに高価なのでユーザー様が中古品を探してこられました。
IMGP0070.jpg

ユーザー様がご用意された中古触媒に交換して、早速試運転致しました。
0~60キロ位までの出足、加速も明らかに違いました。
肝心の高速ですが、上り坂でも100キロ以上出るようになり、キックダウンさせても5,000回転位までストレス無く回るようになり、グングン車速も伸びていきました。

今回のようなケースでも、様々な要因が重なって出ていた症状の場合も多く、一概には触媒だけの問題だけではなかったかもしれません。ディーラー様が判断、交換されたエアフロも一つの要因だった可能性もあります。

制御が複雑になればなるほど、不具合の改善が一筋縄では行かないというのが正直なところ・・・・。
弊社に入庫される前にディーラーさまで点検されておられたので消去法で考えることが出来ましたので助かりました。

今回も文字ばかりのブログで、申し訳ありません。

有難うございましたm(_ _)m


スポンサーサイト

2013.12.10 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。