上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
毎度有難うございます、ポルシェ専門修理工場店主でございます。

平成になって26年になっているのに、未だにDVDプレーヤーを持っていない家電には疎い昭和生まれでございます。

さてさて、最近、嵌っていたというか、やっと観終わったというか・・・・・ヾ(´ε`;)ゝ

IMGP0261.jpg

映画「スター・ウォーズ」で若き日のオビ・ワン・ケノービを演じた俳優、ユアン・マクレガーと友人の俳優、チャーリー・ブアマンがバイクで大陸横断するドキュメンタリーなんですが、

その第一弾が『 Long Way Round 』で、ロンドンを出発し、ユーラシア大陸をバイクで横断し、ベーリング海峡を空路で越え、アラスカからニューヨークまでバイクで走破、3万2千キロ、115日、12カ国のバイクの旅・・・



第二弾が『 Long Way Down 』で、スコットランドからアフリカ大陸を横断して最南端のケープタウンまでの2万4千キロ、85日間、18カ国のバイクの旅・・・・。



どちらもDVD3枚組で、各10時間・・・・
流石に一気には観れないので、夜、ノートパソコンの小さなモニターでボチボチ観て行きました。

彼等2人の他に、カメラマンのライダー、サポートスタッフの車、サポートドクターの段取りから始まり、各国のビザの申請、スポンサーの獲得、バイクの選択から準備、旅先でのトラブル等、内容的にはかなり見ごたえがありました。

この旅で使用されたバイクはBMWのGSというモデルなのですが、私もこのGSというモデルが大好きなんですが、如何せん大きなバイクで小柄な私では、とてもじゃないけど扱いきれない高嶺の花的な存在です。

最初は、KTMというメーカーのバイクで話が進んでいたのですが、KTMからサポートが受けられず、BMWに変更になったのですが、本編の彼等の会話でも出てきますが、KTMだったらこの旅は、走破できなかっただろう言う位、過酷な旅だったようです。

昨年末に、念願の大型バイクリターンを果たし、やっと春らしくポカポカと陽気が続いてくると、休日前の日には、バイクで出かける事で頭が一杯になって仕事が手に付かない位、今は、バイク命の毎日ですが、バイクにリターンするのも10年位悩みました。

バイクには転倒による怪我などのリスクが伴います。
自営で、独りでやっているので万が一の時は、仕事に支障がでて、お客様のご迷惑をお掛けする可能性もあります。

ただ、昨年、他界した父親の闘病生活、最後を看取って、自分が余命を宣告された時に、遣り残した事を後悔しないように、出来るチャンスがある時に出来ることはしようと思いました。

バイクは、18歳で免許を取って、大学の4年間は、バイク三昧・・・・。
当時の私は、所謂、ローリング族・・・、新聞配達より早起し六甲山へ向かい、通勤車が出てくる時間帯には山を下り、自宅に帰って夕方まで寝て、夕方からバイトに出かけという繰り返しの毎日、バイト代の殆どが、バイクのパーツ代に消えていく・・・、一体、いつ学校にいってるんだって感じでした。
バイクはツーリングはせず、走行距離の90%は、六甲山・・・残りの10%は、通学、バイトへの足でした。

今考えると時間が自由な学生の時に、色んな所へツーリングへ出かけるべきだったかなと後悔したりしています。

北海道なんかも1週間位、ぶら~とツーリングに行けたらいいな~なんて思う事もありますが、現実問題、そんなに休み取れないですしね。1週間も店閉めてたら、つぶれたと思われますよね・・(´エ`;)

IMGP0235.jpg

なので、お客様に頂いた北海道土産の“ じゃがポックル ”を頂きながらもう一度最初から『 Long Way Round 』 『 Long Way Down 』を観ながら風を感じたいと思います(((卍))) >>>>p(´□`q*)。

有難うございましたm(_ _)m




スポンサーサイト

2014.04.15 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。