上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
毎度有難うございます、ポルシェ専門修理工場店主でございます。

ここ数日、ブログ更新頑張ってるでしょう・・・・、
ゴーストライター君に『 原稿料、アップしようか・・・ 』っていったら急に張り切りだしました(○´∀`)ゞ

いや~、しかし、ここ数日、関東地方の地震続きますね・・・・。
今朝もありましたね、8時半頃・・・・。
備え有ればといいますが、大きな地震が起こらないよう祈るしかできません、私には・・・。

さてさて、タコメーター内のオンボードコンピューターの表示が見難いという良くある修理でございます。

IMGP0079_20140513110700c48.jpg

原因は、単なる球切れなんですが、この球を交換するのが意外にめんどくさい。

タコメーターを外さないと球は交換できないのですが、タコメーターとコラムカバーのクリアランスが狭いので、タコメーターがすんなり抜けてくれませんです。
IMGP0080_2014051311090359b.jpg

ということで、タコメーターを取り外す為に、エアバック、ステアリング、コラムカバーを取り外します。
IMGP0082_20140513111002f74.jpg

取り外したタコメーターの裏側を見てみますと・・・・
IMGP0083_20140513111115ced.jpg IMGP0084_20140513111141abe.jpg
何ともご丁寧な裏蓋を取り外しますと黄色とグレーのソケットが計6個見えます。
オンボードコンピューター用は、中央下のグレーのソケットです。

切れていた球を交換すると・・・・、
IMGP0085_2014051311142172d.jpg
よく見えるようになりました。

鋭い人は、『 なんで外気温度の表示が3.5℃なの? 』っと突っ込んできそうですが・・・・・。

ちなみにD.I.Yでされる方は、エアバック外れている状態で、治ったかな~ってイグニッションONにしては駄目ですよ。エアバックが断線しているとコントロールユニットが認識して、エアバックの警告点灯しちゃいますから。
エアバックの警告消すにはテスターが必要になりますから・・・・。

明日は、水曜日ですので定休日でございます。1週間早いですね。

ゴールデンウィーク、寝すぎで体調崩して、ゴールデンウィーク明けもなかなかスッキリしない毎日でしたが、明日は、ゆっくり寝て体を休めたいと思います。
ってまた寝すぎて、スッキリしなくなるかも~┃;━┏┃。。oO

有難うございましたm(_ _)m
スポンサーサイト

2014.05.13 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。