上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
毎度有難うございます、ポルシェ専門修理工場店主でございます。

いや~、しかし、先日のルマン24時間耐久レース、ポルシェ・ワークス、残念でした。
一時、トップに立ったんですが、マシントラブルで後退、なんとか完走はしたものの・・・・
GTクラスの991RSRもいいとこ無しで・・・・・
がんばれポルシェ、めげるなポルシェ・・・・・
※ちなみに関西弁で、壊れることをめげるといいます。

前回のブログで、新しいPCで、ブログがサクサク捗ると書きましたが・・・・・。
早くも不調・・・・、高橋名人も真っ青な私の高速ブラインドタッチについてこれないのか、フリーズしまくり・・・(-益- ;)。

さてさて、タイヤ交換で入庫いたしました996カレラ4Sカブリオレ・・・・。
20140615 013
カレラ4Sのカブリオレって結構、レアですよね。
私・・・・・、恥ずかしながら、高校生位までカブリオレをガブリオレって言ってました(=´▽`)ゞ。

タイヤですが、注意しなくてはいけないのが溝はあってもひび割れが出てきている場合・・・・・。
20140615 011
昨年も数件ありました走行中のバースト・・・・。

ポルシェのタイヤは、メーカー指定の認定タイヤというものがございます。
所謂、N付といわれるタイヤで、サイズの後にN4とか表記がございます。
20140615 012
ポルシェ認定タイヤ、N付は、同じ銘柄のN無しに比べて横剛性(ビード部やサイドウォール部)が強化されており、高速での安定性などに違いが出てまいります。
サーキット走行などを前提とした場合は、タイヤの選択も変わってくるかと思いますが、それ以外の場合は、N付をお勧めいたしております。
同じ銘柄でしたら値段も同じです。

ただ、N付は、タイミングによっては、欠品している場合も多く、以前、996ターボのタイヤで半年以上バックオーダーがかかっている時がありましたので時間的余裕をもって注文される事をお勧めいたします。
 
また、外から見た感じ、まだ溝の残りあるように見えても内側は想像以上に磨耗していることがありますので注意が必要です。

有難うございましたm(_ _)m

スポンサーサイト

2014.06.17 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。