上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
毎度有難うございます、ポルシェ専門修理工場店主でございます。

いや~しかし、なんですか?この急な冷え込みは・・・・(((((((((((((´ω`))))))))))))))寒い!
朝、布団から出るのが辛い今日この頃です、・・・が・・・・・、それでも4時半起床・・・。

そういえば、先週の3日(月曜日)、急にお休みを頂き、お客様にはご迷惑をお掛けいたしました。
微妙な天候の中、よせばいいのに鳥取までバイクでツーリングに行ってまいりました。

で・・・・、しっかり雨に降られて・・・、携帯水没・・・Σ(TωT)ンーーー・・・!!
途中で、電源が落ちているのに気がついた時は既に遅し・・・・。

でも保険に入っていたので良かったです。
20140615 715
新しいのが来るまで、ドコモで代わりのものを借りてました。

いや~、しかし、携帯が使えないとこれ程不安になるなんて、かなり重度の依存症です。

さてさて、チェックエンジンランプが点灯したとの事で入庫いたしました997カレラSです。
20140615 756
ユーザー様から症状を確認してみますと・・・・、
“ 点灯したかと思うと消える時もある・・・・・。”
“ 点灯する場合は、エンジン始動して直ぐに点灯することが多い・・・・”
“ 点灯していても走行は特に問題なく、いたって普通・・・・”
との事でした。

ご来店頂いた時は、チェックエンジンランプも点灯いたしておりましたが、アイドリング状態では、異音もなく、至って普通で問題なさそうでしたが、とりあえずPIWIS2にてフォルトメモリーを読み出してみました。
1番、2番、3番シリンダーのミスファイアが検知されておりましたが、現在は症状が出ていないと・・・・。

弊社の代車の都合上、お預かりを1週間先に延ばしていただいて、とりあえず、フォルトメモリーを消去して乗って帰って頂きました。

1週間後、ご入庫いただきましたが、その後、チェックエンジンランプは点灯しなかったとの事・・・。
しかしながら、PIWISⅡでフォルトメモリーを読み出してみると、やはり1番、2番、3番シリンダーミスファイア検知のメモリーが残っておりました。
さらに詳しく見てみますと、ミスファイアが起こった状況は、エンジン回転1200回転、水温、26度、車速0kmと冷間時のファーストアイドル中に発生していることが分かりました。

ご入庫の明くる朝、エンジンを始動してみますと、ファーストアイドル中に、チェックエンジンンのランプが点滅して、マフラーから若干、黒煙が出ているような感じでした。
水温が上がり、アイドリングが安定してくると点滅していたチェックエンジンのランプも消え、黒煙も消え、至って普通な感じにもどりましたが、運転席に座っていると、体に伝わってくる振動が、少し大きいような感じも致しました。
この状態では、CO/HCも特に以上は無く、左右バンクとも同じような数値を示しておりました。
ただ、PIWISⅡで実測値をモニターしてみると、アイドリング状態で、1番、2番、3番は、微妙にミスファイアを起こし、4番、5番、6番に比べて、ラフな数値がでておりました。

こちらのカレラSは、約2万キロ前に、イグニッションコイル、スパークプラグは交換いたしておりましたが、とりあえず取り外して点検いたしました。コイルにクラックやリークした形跡は無く、スパークプラグも6本とも同様の焼け方でした。

念の為、圧縮も測りました・・・・・、
20140615 729 20140615 730
20140615 731 20140615 732
 20140615 734 20140615 735
圧縮も特に問題なく一安心・・・・。

試しに、1番バンクと4番バンクのイグニッションコイルとスパークプラグをゴッソリ入れ替えてみました。
しかしながら、やはりミスファイアが出ているのは、1番、2番、3番と状況は変わらず・・・・、
ラムダセンサーもPIWISⅡの実測値で見る限りでは、特に問題なく・・・・。

しかし、何で、見事に1番バンク側だけミスファイアを起こすのだろうと考えました・・・・。

歳とともに回転が鈍くなってきている頭をフル回転させ、イグニッションコイル廻りをみているとあることに気が付きました。

20140615 736 20140615 737
エンジンのアースポイントって6番ヘッドの端の一箇所しかありません。
なんとなく、粉吹いた感があるアースポイント、端子をペーパーで磨き、再度、PIWISⅡで実測値を確認してみました。

ビンゴでした・・・・。
ラフな回転を示していた1番、2番、3番シリンダーの数値が、4番、5番、6番と同様の数値に戻り、ミスファイアのフォルトメモリーも残らなくなりました。

念の為、1番バンクにもアース線を追加いたしました。
20140615 738

試運転し、次の朝、エンジン始動時の状態も確認いたしましたが、ミスファイアも確認できませんでしたので、ユーザーさまにご説明させていただき、とりあえず、これで様子を見ていただくことに致しました。

さてさて、こちらのカレラS、エンジン始動時のクランキングが重い感じが致しました。
バッテリーチェッカーで確認してみますと、50%位まで性能が低下していたので、お客様のご報告させて頂いたところ、最近交換されたとの事・・・・。

20140615 757
とりあえず、充電させて頂くことになりましたが、メンテナンスフリーのバッテリーでも使用前の初期充電を行う必要があります。今の車は、電子制御の塊なので、バッテリーは非常に重要ですので、当たり外れの多そうなものは避け、信頼の置けるものを取り付けましょう!

有難うございましたm(_ _)m





スポンサーサイト

2014.11.14 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。