上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
毎度有難うございます、ポルシェ専門修理工場店主でございます。

いや~、12月に入っちゃいました・・・・、
師走で、皆さん、これから何かとお忙しい時期かと思いますが、安全運転でお願い致します。
弊社は、相変わらずのマイペースでございます。

それにしても今朝は、かなり寒かったです。
出勤途中、白いものがヘッドライトに映し出されてました・・・、初雪ですね。

さて、最近のマイブームといいますか、チョッとした息抜きといいますか・・・・・、

仕事が一段落した、夕方前とかに、10分位、車を走らせたところにあるコンビニで、よく、コーヒー飲んでます。

20140615.jpg

最近のコンビ二では、ドリップしたてのコーヒーが飲めたりして、これが意外に美味しいです。
昔懐かしい、チョコバットの大人バージョンを頂きながら、休憩しております。

事務所でコーヒー入れることもできますし、弊社近くには、歩いていける距離にコンビニが数件あるのですが、ずっと工場にいて作業をしていると、気分が煮詰まってくるので、気分転換の為に、車を10分ほど走らせたところにある広い駐車場のコンビニまで行ってます。

広い駐車場があるコンビニですと、私と同じように、車の中で、コーヒー飲みながら休憩している人・・・、シート倒して爆睡している人・・・・、次の訪問先への資料を見直している営業マン風の人・・・・、これからの訪問先のアポイントメントを携帯でとっている生保レディ風の人・・・・・、遅めの昼食をとられている配達のドライバー風の人・・・・、様々な人間模様がみれて面白いです。

さてさて、左テールランプの警告が出たということで入庫いたしました997カレラSでございます。

IMGP1307.jpg
997のテールランプは、下段の3個が点灯致します。
※画像では、真ん中が光っておりますが、カメラのフラッシュによる反射です。

左テールランプの警告が出ていたので、確認してみますと3個とも全て不灯でした。
3個の球が全て切れるのか?と確認してみますと球切れは無く・・・・、
ハーネスのところで確認すると0V・・・・、
試しにテールランプを左右交換してテストすると点灯いたしましたのでテールランプ本体は問題ないことが分かりました。

テールランプのハーネスは、テールランプ部分のコネネクターと左シート後ろのコネクターまでは、ジョイントはありません。
20140615 637
テールランプ部のコネクターから左シート後ろのコネクター部での導通を確認するも問題なし・・・・。
テールランプのスイッチをONにしてシート後ろのコネクター部で確認すると0V・・・・。

念の為、フューズを確認してみましたが、切れてませんでした。
フューズは、右、左、それぞれありますが、テールランプ、ウインカー、バックランプと独立していないので、フューズ切れの場合、ウインカー、バックランプも点灯しなくなります。今回の場合は、テールランプ以外は全て正常に点灯致します。

997のテールランプの制御は、左シート下にあるリアエンド・コントロールユニットで行われております。
20140615 657 20140615 640
フロント廻りの灯火類の制御は、フロントコントロールユニットが行っております。

ヘッドライトスイッチからの信号が一旦、フロントコントロールユニットへ入って、そこからリアエンド・コントロールユニットへ送られてきます。ちなみに、各信号は、2本のデジタル信号でやり取りされているので、各ユニット間のやり取りはサーキットテスターでは、確認できません。

リアエンド・コントロールユニットのカプラー部分で、左テールランプへの出力を確認してみましたが、やはりOV・・・・。
とりあえず、リアエンド・コントロールユニットは外し、基盤の半田浮きが無いか確認し、怪しいところを半田し直しました。
20140615 638
が、やはり結果は同じでした。

とりあえず、リアエンド・コントロールユニットを交換ということになったのですが、ユニットの値段がそこそこお高いので、点灯する右テールランプからジャンプして点灯できないかということになり、ジャンプさせてみました。
ところが、点灯するどころか、点灯していた右側まで点灯しなくなってしまいました。
ジャンプさせていたコードを外すと右はまた正常に点灯し・・・・、
何でかな~♪と調べてみると、左テールランプの配線が、どこかで短絡しているようで、アースに落ちておりました。
リアシート廻りの内張り類を外し、ハーネスの束を解き、左テールランプの短絡箇所を探し出すのは大変な作業でございます。
とりあえず、リアシート後ろの内張り、外し、ボディやその他付属品と接触しそうなところを点検いたしましたが、特に損傷している箇所は、見当たらず・・・・。
ただ、気になったのが、ハーネスの束に数本、エレクトロタップで数本接続されている箇所が・・・・・。

こちらのカレラS、左テールランプが点灯しなくなったと同時期にナビの調子が悪くなったとか・・・・、
バックモニターが使えなくなり、各種設定モードに切り替わらなくなったとか・・・・。
ナビの点検の為、ナビを取り外しますと、CANバスアダプターが見当たりませんでした。

997の純正オーディオを社外ナビに交換する際は、通常、CANバスアダプターを接続し、車速、イルミネーション、リバースなどの信号を取り出します。CANバスアダプターを使用しなくてもそれぞれの信号を取り出すことも可能ですが、作業的にCANバスアダプターを使用するほうが簡単です。

リアのハーネスの束に、エレクトロタップで接続されていたのは、このナビ用のものだったのです。
左テールランプの配線に、ナビのイルミネーション用の配線がエレクトロタップで接続されておりました。
エレクトロタップを取り外すと、短絡していた左テールランプの配線は、短絡しなくなりました。
CANバスアダプターを接続せずにナビ用の信号、電源を車両ハーネスから直接取っていた為、ナビの不具合の影響を受けリアエンド・コントロールユニットが損傷してしまったようです。

ナビをメーカーに修理をお願いし、CANバスアダプターを使用して接続し直し、リアエンド・コントロールユニットを交換、左テールランプも点灯し、警告もでることなく、ナビも正常に作動するようになりました。

20140615 656
リアエンド・コントロールユニット、番号変更されておりました。
PCにきいたところ、チョクチョク壊れるそうです。

しかし、最近の車は、電気廻りの制御が複雑で、下手にさわると色々なところに影響が出る可能性があるので厄介ですね。ちなみに、この車両のナビは弊社で取り付けたものではござませんです。

さてさて、このカレラSはBOSE・サウンドシステム搭載車両ですが、社外ナビに変更されているので、BOSEのアンプを介さず、スピーカーの配線にレジスターを咬まして、ナビの内臓アンプで鳴らしておりました。
音楽好きのユーザー様が、あまりの音のショボさに何とかボーズ本来の音を出したいと色々考えられ、パーツをご自身で調達され取り付けのご依頼を受けました。
当初は、ナビのアナログ信号をデジタル信号に換えるユニットをつけて純正BOSEアンプで鳴らす予定でしたが、社外ナビを取り付けされた際、純正BOSEアンプが撤去されてしまっていたようで、車両には残っておらず、何処にいったか分からないとの事・・・・。結局、アナログのBOSEアンプを調達し、それで全ての純正BOSEスピーカー鳴らすことになりました。

私は、正直、オーディオの専門的知識がないので、ユーザー様の配線取り付け説明書をもとに取り付けいたしましたが、かなり大変でした。
後付けアンプ用にサブバッテリー、4chアンプ×2、2chアンプ×2、サブウーファーを更に追加等・・・・・。
IMGP1311.jpg IMGP1309.jpg
ハーネス等もユーザー様が全てご用意されていたのですが、長すぎたりとかで、あまり綺麗に収められませんでしたが、フロントトランクに搭載。サブウーファーは取り合えず、仮でリアシート部に取り付け。

さて、肝心の音ですが、確かにショボかった音が、これが本来のBOSEサウンドかと思わせる迫力の音質に・・・・、しかもサブウーファー2機がけの重低音・・・・・、苦労した甲斐があったと・・・・、でも停車している時は、聴こえていた音が、走行するとロードノイズ等にかき消されてしまう音域もあったりと・・・・。

個人的には、ポルシェを運転している際は、音楽を意識して聴いていることは無く、音楽が無くても『 ポルシェのエンジンサウンドが音楽だ~♪』っなんて思ったりしているほうなので、そこまでシステムアップする必要があるのかと思いましたが、良い勉強をさせていただきました。
デッドニング等を行い、オーディオ専門の方が、スピーカーを含めシステム・環境から行えば、走行中もいい音で楽しめるのかもしれませんね。

有難うございましたm(_ _)m


スポンサーサイト

2014.12.02 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。