上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
毎度有難うございます、ポルシェ専門修理工場店主でございます。

今朝、いつものように起きて朝食を済ませ寝室で着替えている時に、自宅の前を走る新聞配達のバイクをエキゾーストノートが何気に鮮明に聴こえると思ったら窓全開で寝ておりましたヾ(;´▽`A``
ここ数日の寒さになれてしまったのか、全く気がつきませんでした・・・・。
もちろん私の部屋には、暖房などと気の利いたものはありませんです;;(≧ω≦;)

さてさて、フューエルライン交換他で入庫いたしました、911カレラでございます。

IMGP1312.jpg IMGP1313.jpg
エンジンルーム内のサウンドプルーフマットも剥離して垂れ下がってきておりますので同時に交換いたします。

IMGP1332.jpg IMGP1335.jpg
エアフロ、ブロワーモーターに寄り掛かっていたマットもインマニ廻りを取り外すとベロリと垂れ落ちてきました。
意外に大変なのが、古いマットの残骸とか古い接着剤の除去です。
これを怠ると、新しいマットが綺麗につきません。

IMGP1360.jpg
古いマットの残骸、古い接着剤を除去し、新しいマットを取り付けます。
内張り等を接着する特殊なスプレーボンドで接着させるので、殆ど一発勝負なのですが、クーラーのラインやエンジンハーネスなどがあるので、結構大変な作業でございます。

さて、フューエルラインですが、今回は、車体のフロントにあるフューエルタンクからエンジンルーム内にあるフューエルラインをほぼ全ての交換作業ですので、結構大変でした。

IMGP1340.jpg IMGP1351.jpg
フューエルタンクの後ろにフューエルポンプがありますが、そのフューエルポンプからエンジンへのプレッシャーラインとエンジンからフューエルタンクへのリターンラインが2本、センタートンネルを通っております。センタートンネル内はプラスチック製のラインですが、センタートンネルを出たところからポンプ、タンクまでの短い間は、ラバーホースです。
見た感じ一度も交換されていないようですが、生産されて25年も経過しているとラバーホース部分には、細かなクラックがみられました。

IMGP1353.jpg IMGP1354.jpg
交換したプレッシャーラインとリターンライン、まっすぐなのが古いライン、丸くなっているのが新品です。
輸送上の都合で、丸くなってしまうのでしょうけど、車体に取り付ける際に、この丸さのお蔭で、少しコツがいります。

IMGP1385.jpg IMGP1390.jpg
センタートンネル内もフューエルラインが通る場所は決まっておりまして、何処を通しても良いというわけではございません。その為、シフトレバーボックス廻りやセンターコンソール、サイドブレーキレバー等を取り外して確認する必要があります。新品のラインは、まっすぐの状態ではないので、この狭いスペース内の決まった空間を通すことに思いの外、時間が掛かってしまいました。こちらのラインは、ミッションの横で、エンジンルームへ続いているラインに接続されており、プレッシャーラインは、プレッシャーレギュレターーへ続きます。
IMGP1357.jpg
↑プレッシャーレギュレターーへ続く、プレッシャーラインですが、新品とは微妙に曲がりが違いますが、取り付けの際、多少、曲がりを調節しながら取り付けます。こちらを取り付ける際も、ヒートエクスチェンジャーからのダクトやバルブを外したりと短いながらも複雑なラインを通るので交換するのは、結構大変でした。

IMGP1371.jpg IMGP1364.jpg
エンジンのフューエルラインを交換する為に、インテークマニホールドを外すので、バキュームホース等、劣化しているホースは同時に交換致しました。

フューエルラインを組み付け、燃料ポンプを回し、燃料漏れがないか確認し、漏れが無かったので、取り外したパーツを取り付け・・・・・、試運転後、完了・・・・・・。
IMGP1393.jpg
 
・・・・となる予定でしたが・・・・・。
試運転終了後、ユーザー様に、納める為に洗車、室内を掃除いたしておりましたが、なんとなくガソリンの匂いが・・・・。

そんなはずはと思いながらも・・・・・漏れとるがな・・・・・・・・しかも結構、面倒なところから・・・・・、
というわけで、再度、インマニ取り外し・・・・・、
IMGP1393(1).jpg IMGP1396.jpg
IMGP1394.jpg
フューエルフィルターへジョイントされているホースから漏れてました。

組み付けた後、フューエルフィルターを強制的に回して、漏れを点検した時には漏れは無かったのに・・・・。

今回の作業のパーツは、ユーザー様が前もってご用意されていたもの・・・・・、OEMが中心でした。

とりあえず、ユーザー様にご報告させて頂き、純正パーツを弊社で手配させて頂きました。
IMGP1398.jpg
上がOEM、下が純正・・・・。
ゴムホースの質が、違います・・・・・。

純正品に交換して、漏れを確認、試運転後、再度、漏れを確認、完了です。

今回は、ユーザー様の部品、お持込での作業でしたので、2回目のインマニ外してのフューエルライン交換工賃は別途頂戴致しました。

ユーザー様がアメリカから調達されたOEM品の値段と日本国内で純正品を購入した値段と比較すると1万円も差は無かったように思います。円安の今となっては、今回のような部品の製品不良のリスクを考えるとあまりメリットはないように思います。

漏れたフューエルライン以外は大丈夫かとユーザー様から訊ねられましたが、
『 ガソリン臭いと思われたら、直ぐ点検に来てください。』としか答えられませんでした。

私、個人的な考えとしては、アメリカ物のラバー製品のOEMは、品質にムラがあるように思います。
今回の漏れたホースですが、アメリカOEMですが、メイド・イン・ジャーマニーって書いてましたが・・・・。

さてさて、弊社にご来店頂いた方は、賑やかな音楽が工場の中でなっているのにお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、静かな工場の中で、独り黙々と作業をしているのも寂しいので、音楽を流しております。

開業当初は、自宅で使用していたCDラジカセでFMラジオを流していたのですが、如何せん、弊社工場は電波の入りが異常に悪く、なんとか受信できていても前の道路を車が通るだけで受信しなく事も日常茶飯事で・・・・・。
CDラジカセですのでCDももちろん聴けますが、1枚のCDを延々とリピートし続けるのもどうかと思い・・・・・。

そんな矢先に、友人のお父様からうれしい頂き物を・・・・・。
20140615 889 20140615 891
ソニーのミニ・コンポ・・・・、しかもCD、MD5連奏・・・・。
FMは、相変わらず、電波状況が良くないので、お気に入りのCD5枚をチェンジャーに入れて流しておりました。
しかし、毎日、朝から晩まで酷使したせいか、段々とCDを読まなくなり、5連奏が4連奏・・・・、4連奏が3連奏と・・・・。
そして、ついにCDを全く読まなくなったので、パイオニアの25連奏の外付けCDチェンジャー(画像の右の物)を購入・・・・。
さらにお気に入りを色々、シャッフルできるようになりました。
しかしながら、やはり過酷な労働条件の為か、CDの読み込みが悪くなり、もう一台、同じのに買い替え・・・・、
NO MUSIC NO LIFE ipod
CDが誇りまみれで山済みになり、2機目の25連奏チェンジャーが壊れた2009年12月に、ipodを購入・・・・。
ipodは、バッテリーのもちが悪くなってきましたが、過酷な労働条件をものともせず、頑張ってくれておりますが、数ヶ月前からミニ・コンポの調子が悪くなってきて、片側のスピーカーから音が出なかったりとかノイズが混じったりとかの症状がでてきておりました。
ま~無理もありません。埃っぽいところで、朝から晩まで、頂いてからおそらく8年とか9年になるのでしょう・・・・。

で、ついに新兵器導入いたしました。

かなり前から気にはなっていたのですが、とうとう買ってしまいました。
20140615 893
マーシャル製のブルートゥース対応・オーディオスピーカー。
デザインは、マーシャル製ギターアンプと同じような雰囲気なので、カッコいいです。
音は、さすがに大きさが小さいので、工場のような広いところでは、音が散ってしまって迫力に欠けるところもありますが、大体、満足です。

問題は、耐久性ですね。
弊社工場の過酷な労働条件で、どれ位もってくれるのか心配です。
10年位、持ってくれないと元が取れないですね。

さてさて、 年末年始の弊社のお休み でございますが、
12月27日(土)~1月4日(日)まで予定しております。
よろしくお願い致します。

有難うございましたm(_ _)m
スポンサーサイト

2014.12.22 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。